★WFD世界ろう者会議

21世紀におけるろう教育の展望【動画】

昨夜、スペインより無事帰国しました。
約束どおり、まず動画アップします。
詳細リポートはもう少し落ち着いてからアップしますので、
しばしお待ちを。
全体で40分あるので、5回に分けてアップします。

21世紀におけるろう教育の展望(PPTをアクロバット化)
「kaori_takeuchi_presentation.pdf」をダウンロード

Karryの話す国際手話から教育への思いをごらんあれ。
観衆から私が話す国際手話は大変わかりやすいと褒め言葉
を頂いたので、たぶん分かると思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

感謝!感謝!感謝!

皆様の暖かい、心強い声援のおかげで無事に終了
しました。
素晴らしい経験をさせていただき、すべての方に
心から「ありがとう!!!」といいたいです。
ありがとうございました!!!
詳細は後日に、まずは写真をアップしますね。

再会もあったり、新しい出会いもあったり、より
刺激的な日々で、のこされた日を有意義に過ごして
いきます!

Img_0019_1
教育部門の基調講演が始まります!
(緊張で顔がこわばっています)


Img_0024_1 心から楽しみ、正々堂々と講演しました。
(国際手話で45分間)


 


Img_0039 世界ろう連盟名誉理事 ロズリン・ローゼン
博士と8ヶ月ぶりに再会!
彼女の行動、思想、経験が私に多くのことを
教えてくれます。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

スペインよりHello!

情熱と陽気な国・スペインよりこんにちは!
直行便がなく、経由で昨夜9時半にマドリッド入りしました。
(日本時間14日朝4時半)
時差修正でスペイン時間に合わせようと体は必死です。
マドリッド中心にあるプラド美術館の近くに私の泊まる
ホステルがある。こじんまりと落ち着いた雰囲気に、旅の
疲れも癒される。もちろん周りのロケーションも抜群で、
ホテルのおじさんもとても陽気に話しかけてくれ、ここでも
また素敵な人との出会いに感謝。

さて、スペインにきた大目的のWFD会場だが、ここからは
遠く、地下鉄で50分くらい離れている。そのため、15日に
は、WFD会場の近くのホテルに移る予定でいる。

ホステルに落ち着いた今、ITの恩恵はとても大きいなと
感じたこの頃である。
無線LANで部屋内にもPCでインターネット検索や、メール
チェックも出来ている。数年前では考えられないことなのだ。
ネットのおかげで、遠く離れた場所にいながらも、皆さんが
身近に感じられる。それがネットのメリットですな。
ありがたや、ありがたや。

昨夜は生ハムを食べてきました!!
ハムもずらり並んでいて、アンモニア臭かしらツンとした
においがしたが、カウンターで立ち食い!
Img_0007_4




日本では絶対に味わえないご当地ならではの味に大満足★
スペイン滞在中にはパエリヤを絶対に食うぞ!!

では、また時間があったらアップしますね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

いよいよ出発!!

いよいよ明朝出発です!よって夕方に石川を出ます。
本当に様々な方からご支援、ご協力いただきこのような
形で成り立ってきました。
だからこそ、自分の思いの全てを聴衆に伝えて、全てを
プラスにしていきたいです!

向こうでインターネットがつながれば、アップもできるかと
思います。

教育部門基調講演 17日 12:25-13:10(現地時間)
             日本時間では19:25-20:10

目前に迫り、緊張感がじわじわ・・・・と押し寄せてくる~。
でも楽しみです。

では、楽しんでまいりま~す!!☆

| | コメント (7) | トラックバック (0)

プレ講演

いよいよ世界ろう者会議が目前に迫ってきた。
色々な方に応援してもらい、昨日ようやく石川県聴覚障害者
センターにて、プレ講演をした。

Karry0003 Karry0006_1   




今回のプレ講演で、いくつか見直すべき点が見られた。
また弱点か強みなのか、自分自身に緊張感が伴って
いない。そのことも含め、講演スタイルも軌道修正しな
がら、本番に向けて臨みたい。

今週、いよいよスペインへ旅立つ。
4年前のカナダ大会では、日本の現状や私たちの取り
組みを知って欲しいという切実な思いというか、切羽詰
った気持ちが先走っていたように感じるが、今回は明ら
かに気持ちが違っている。
素晴らしい機会を与えてくださった世界ろう連盟、そして
私をここまで育ててくださった全ての方たちに恩返しが
できるのだと思うと素直に「ありがとう」と言える自分が
いる。
その思いが聴衆に伝わり、世界中のろう児、そして社会
に還元していけたらいいなと願っている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

世界ろう者会議講演日時決まる!

2ヶ月近くも放置してしまいました(-_-;)
「海外にでもいるのですか?」
「更新まだですか?」など心配かけてしまいました。
ぼちぼち、落ち着いてきたので、これから少しずつ更新して
いきます。

さて、世界ろう者会議スペイン大会の全体講演で基調講演
する日時が決まりました。
7月17日(月) 12:25-13:10までの45分間です。
http://www.wfdcongress.org/eng/version_text.php?categoria=Comisiones
(Schedule Presentations ダウンロードをクリックしてください)
逆算すると、あと51日!!
大変貴重な機会を頂いたわけだから、用意周到に進めて
行きたいと思います。
暖かい応援を宜しくお願いします!!

ブログ放置期間(汗)に、ろう児をもつ親から共通するメール
をいくつか頂いたので、紹介したく思う。
それは、私が以前「18ヶ月」のタイトルでこのブログに書いた
内容についてだった。

「苛立ちから怒りへと転回しないこと」
この言葉に共鳴してくださり、「どうすれば、そのように出来る
のですか?」とメールをも頂いた。大変恐縮に思う。

これはろう、聴に関わらず、人間が成長していく貴重なステップ
の一つだと思っている。
子育てに携わる親は、わが子をどう育てていきたいかなどと
教育方針を思索することを通して、自分を省みることもある
だろう。
特にろう教育のように、さまざまな考え方があり、その中で
対立したり、批判されたり、批判したり、話がかみあわず孤立
したり・・・と、親たちはそれなりに苦しく、悲しい思いをしている
ことが少なくない。
でも、ろう児をもつ親は親でしか出来ない経験から一番大事
なのは何かと懸命に答えを考えているはずだと思う。
だからこそ、一緒に考えていきたい。
怒りを武器にして批判すること、怒りをもとに団結していくことは
簡単である。
特に教育は、怒りをパワーにして変えられても、大切なことを
得ることはあるのだろうか?
要するにろう教育は、その根底に怒りがあるかないかによって、
時間の経過と共に最終的にたどり着く質が違うだろうと私は
確信している。

私自身、このことにたどり着いたとき、また大きな観点で物事を
思索できるようになったと思える。

人生は楽しいこともあれば、辛いこともある。
「人生、常に我慢が大事なんよ」と。
それは母が私に言う言葉の一つである。
「我慢」が今ある道程で経験を積み、気がつけば質が変わって
きている。
それが「わたし」という内面性を築き上げている。
そういうものである。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

お知らせ:世界ろう者会議スペイン大会

以前、このブログにて、教育部門で基調講演が決まったことを
報告
した。その後、大会事務局より事務的な連絡のやり取りを
済ませてきた。
残るは原稿提出と詳細の連絡。
ウェブサイトに名前が載っているよと知人より連絡があったので
アップしておきます。(もう緊張感が・・・笑)
http://www.wfdcongress.org/eng/version_text.php?categoria=Comisiones

人権・言語権と文化に、イギリスのPaddy Ladd氏(パディ・ラッド)、
WFD元理事長のYerker Anderson氏(イェーカー・アンダーソン)が
講演されるのでとても楽しみだ。
大いに刺激を受ける会議であることは間違いない。

この貴重な会議に参加するためには、事前に登録が必要となる。
登録の方法など、色々質問メールが来ているので、ここで答えて
いきたい。
2007年4月15日までに登録するのと4月16日以降登録するのでは、
登録費が若干違う。4月15日までに申し込んだほうが有利で、50
ユーロほど差額が生じている。(1ユーロ約150円 12月5日現在)

              【2007.4.15以前】【2007416以降】
登録費【一般】            550ユーロ   600ユーロ
    【青年】18歳以上30歳    400ユーロ   450ユーロ
    【シニア】65歳以上      400ユーロ   450ユーロ
   *青年とシニアは2007年7月16日現在の年齢証明書が必須
     となっている。
申し込みはオンラインからでも申し込め、支払いは銀行振込、また
クレジット払込。
http://www.pacifico-meetings.com/sordos2007/form_uk_01.php
   *登録費(会議に出席)とは別に、GALAパーティ、演劇鑑賞
    などとは別料金となっています。希望があれば、それに上乗
    せで計算してください。
   *世界ろう連盟ろう青年キャンプの申込は各国代表選出の
    ため、連盟を通さなければならず、近いうちに日本ろうあ
    連盟青年部中央委員より連絡があると思います。日聴紙
    など、目を通してください。

現在、講演に向けて色々と考えている。
資料と情報収集として私は先日、アメリカへ行ってきた。
私は生涯考え抜き、実践しゆく人になりたい。そして、全てに恩返し
し、道を切り拓いていく。そう決めている。

| | コメント (7) | トラックバック (0)