心と体

魂の共鳴のひととき

日本酒を片手に、居酒屋で一人の友人と呑みあうことがあった。
彼女は私が上京したての時、友達の紹介で知り合い、一緒に
3年くらい活動をしてきた仲間だ。
その後は、私は「教育」へ、彼女は「自然へのアプローチ」へと
歩み、ここ8年間はたまに近況報告をするぐらいで、あまり会わ
なくなっていた。

ところが、ひょんなことから同志たちと設立した「しゅわえもん」を
知った彼女が、その理念に賛同してくれ、改めて一緒に活動
することとなった。
今思えば、出会ってから今まで、二人だけでじっくりと語り合った
時があっただろうか?そういう機会をもてなかったことに気づき、
日程を調整し、私たちは落ち合うことにした。
それぞれの道を歩んでいたこの8年間、どのような8年間を
過ごしたのかー。
お互いの8年間を語っていく中で、それぞれが無駄ではなく、
かつ貴重な時間を過ごしていたと認識した。

彼女との語らいを一言で表すのならば、「魂の共鳴」であろうか。
魂と魂とがぶつかり合い、それが共鳴へとつながっていく。

彼女は現在、壮大な自然を相手に、自分というものを高めて
いる。その経験が、現在「Outdoor Japan」という雑誌で、コラム
として毎月掲載されている。
そして、彼女はわたしに言った。
『人との出会いをとおして、その意味に出会う。
先日「素直」の言葉の意味に出逢った。
その「素直」という言葉をKarryにも伝えたい。
「素直」というのを分解すると、「主」に「糸」が「直」につながる。
「主」とは、天空なる神をさし、そこから「糸」が「直」につながって
いる。だから「素直」ということは、天とつながっているという意味
なのである。
そして、自分に素直でいれば、天と結びつく。
たとえば、自分が求めているテーマに対して、素直に考えて
いたりすると、そのテーマのヒントや答えが、何らかの方法で
すぐに現れる。
これが宇宙の法則であり、宇宙観となるのである』
と。
彼女の話を聞きながら、鳥肌がたっている自分がいた。

その後もどんどん話が弾んでいき、
私からは生命の詩人・タゴールの詩を一句、手話で彼女に送った。

            「人生航路」
人生航路は大きな川の流れによく似ている。
その急激な流れの力によって、今まで流れたことのない、新しく
予想もしなかった水路が開かれてゆく。
そうした変化に富んだ流れや、計画もしていなかった変化は、
神様が私たちの人生に計画なさったものなのだ。

人生は、人間が作った運河のように決まりきった水路だけを
流れるものではない。

こうしたことを、自分の人生ではっきりと認識した時、私たちは、
もうどんな人間社会の作り事にも惑わされなくなるだろう。
                   (ラビンドラナート・タゴール作)


それぞれの固体が小宇宙となって、大宇宙との一体感を感じ得る
ことができた。
私たちは「生きる力」を発する世界を築いていこうと固く誓い合った。
こうして、「魂の共鳴」のひとときを過ごした彼女の名は、
永易トロール

皆さんも、彼女が感じた世界を覗き、しばし浸ってみませんか。

【Outdoor Japan】 コラム
2005年10月
2005年11月
2005年12月/2006年1月
2006年3月
2006年4月
2006年5月
2006年6月

| | コメント (7) | トラックバック (0)

世界が祝う母の日

今日は素晴らしき母の日である。
世界中の友が母を祝っていることだろう。

私が、この世で最大に尊敬しているのは「母」である。
私には、まだ現役学生の弟と妹が二人もいるので、母は
まだまだ子育て奮闘記中である。
しかし、それも母なりに楽しんでいるようだ。

母は究極(笑)の楽観主義である。
嬉しいことがあると、
子どものようにはじゃき、家族みんなで喜びを分かち合う。
悲しいことがあると、
「何とかなる。辛いからと逃げちゃだめだよ」と励ましあう。
悔しいことがあると、
ぐっとこらえ、だまって微笑みを返す。
そんな母が私の母である。
そんな母に私は育てられた。
私の楽観的な考えは、母から受け継いだものかもしれない。
大人になっても、いつまでも、わたしは母の子である。

母の日にちなんで、私は贈り物を送った。
母は北海道に住んでいるので、すぐ母の喜んでくれる
笑顔がみれないけど、心の中で思い浮かべている。
「お母さん、いつもありがとう」

今日は金沢市聴覚障害者福祉協会の定期総会で
全日本ろうあ連盟事務局長の石野富志三郎氏の講演が
あった。
「人間らしい暮らしのために~少子化・高齢化社会」の
テーマのもと、冒頭に母の思い出話を語ってくれた。
とても心温まる話しで、石野さんも母の愛情を全身で
受けてきたから、今の石野さんがあるんだなと、「母」と
いう存在の偉大さを改めて感じた。

それから、北海道にいる母だけでなく、金沢で暮らして
いつもお世話になっている北野ママにも、感謝をこめて
贈り物を差し上げた。
私の周りの友人も母になっていっている。
こども=生命を育てていく母として偉大なる使命を持ち、
その使命を全うしゆく彼女たちに、母としての貫禄が
出てきている。
人間味も重ねていっている。
その姿にも、私は尊敬の意を持つ。

母は一家の太陽である。
全ての母に最敬礼!

| | コメント (7) | トラックバック (1)

今日という日を大切に

光陰流水のごとし。
新年を迎えたと思ったら、今日からもう2月である。
1月のブログ更新はたったの5回しか更新できなかった。
怠慢、気の緩み、そういうこともあるかもしれない。

何ごとにも健康第一で取り組まなければ、計画が計画倒れと
なってしまうのだと身に染みてわかった。

寒波到来も含め、気温激変や、自分の健康管理の甘さから
か、インフルエンザA型にかかってしまった。
職場の同僚が先ずインフルエンザで床に伏した。
自分も気をつけたつもりだが、のどがいがらっぽくて、念の為、
病院へ行って調べてもらったら、立派に陽性だった・・・。
北野パパとママに感染しないようにと心で祈り、部屋で監禁
状態に。
最近、タミフルに関して芳しくない情報が入っていたので、
多少怖い気もしたが、治りたい一心で、タミフルを飲んだ。
睡眠・水分をとり、休養したら、熱は一日でおさまり、せきと
痰だけで済んだ。
タミフルの効力なのか、それとも、私の免疫力なのか不明
だが、インフルエンザから大痛手を受けずに治ったのだから、
免疫なのだと自分勝手に思い込んでいる。

しかし、健康を崩したばかりに3-4日分の予定が取り消さ
れて大幅に狂ってしまった。

友人が悩んでいて
「Karry、話を聞いて・・・。相談に乗ってほしい。」
その友人の約束も私のインフルエンザでおじゃんとなって
しまった。
ろう児と会う約束もしていた。活動に参加する約束もしていた。
友人に北陸の魚を送る約束もしていた。
それもすべて流れてしまった。今日の後に今日なし。

今日がだめだったら、明日がある。
明日がだめだったら、明後日がある。
そういう考えもあるが、その考えは友人の切羽詰った状況
には当てはまらない。
自分との戦いに使うときにはふさわしいが、今回の病気で
身に染みたことは、一日を無駄なく使い果たすことが大事
だということ。
そのためには、まず、健康第一であることが必須条件となる。
今日も仕事の面で予定通り進められたのか、友人との語らい
で進歩した面はあるか、等々、一日という時の重要性を感じ
ながら、一日一日を大切にしていこう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ホットヨガ

先日、宝友に誘われて、ホットヨガへ行ってみた。
夏頃にパワーヨガをやり始めたが、三日坊主の私は断念
してしまった。初めはやる気満々だったけど、体が硬い私
には苦痛も感じていた。
パワーヨガは腹式呼吸で精神を統一させながら連続的な
動きによってポーズを維持させる方法で、やり始めた頃は
汗が出て、徐々に硬い体もほぐれていったかのように感じ
たが、石川へ越したのを機に、全然やらなくなってしまった。

そして、ここ最近になって、宝友が岩盤浴とやらホットヨガ
とやら通い始めたらしく、「Karryも一緒に行かん?」と
お誘いを受けた。

ネットで調べてみると、ホットヨガは、スタジオ内の温度を
38℃、湿度を65%にと調節し、そのスタジオ内でヨガを
行う。その条件内でヨガをするため、筋肉が伸縮しやすく
なり、体の硬い人でも無理なく柔軟性が増してくるという。
単純な私は、二つ返事で、即参加。
サウナをイメージしたが、それほどの温度でもなく、呼吸
しやすかった。
70分のコースで、私は新陳代謝が悪いらしく、汗をかくまで
10分の時間を要した。目の前にいるインストラクターは
2,3分で汗がにじみ出てきていた。
水を飲みながら、鼻で呼吸し、ポーズを維持しながらやって
いったら、汗が滝水のように湧き出て、びっくり・・・
終わってシャワーを浴びたら、肌がいつもよりすがすがしくて、
気持ちよかった。この快感にハマってしまった。

2回目は別の宝友を誘って行ってみた。
2回目だからか、すぐ汗が出て、70分終わっても汗が滝水
のように止まらなくて参った!!
やってみて、感じたことはメンタル面に弱点があるなあと。
ポーズを決めて一定の時間に維持させるのに「まだかよ・・・
早く・・・」といったようないらいら感が増してくる。
本来ヨガというものは精神を落ち着かせ、集中力を養うと
いうものらしいのだが。

どうやら、自分の性格からしては、静より動というスポーツが
性に合うらしい。しかし、メンタル面を磨くことは、今の私に
必要な要素かもしれない。
今後は、体と心のために、最低一ヶ月一回は続けていこうと
思う。

| | コメント (6) | トラックバック (0)