« 2009年5月 | トップページ

帰国報告

帰国報告が遅れました。
13日に無事帰国しました。
1年ぶりの日本に、なぜか外国に来たような錯覚で最初は緊張感が
ありました。
日本に着くとまず、日本財団ビルへ直行し、ギャローデット大学の
友人の講演を拝聴してきました。その後、緊張感も徐々に薄れ、
改めて、いやあ、やはり日本はいいですね〜。
日本語の情報がありふれていて、どれもすべて目に入ってきます。
そして、ごくごく普通のことなのですが、周りがみんな日本人!!
私が滞在していた米国は白人、黒人、アジア系、ラテン系、様々な
人種がいるわけですから、こう思ってしまうのも当たり前かもしれ
ませんね。
帰国後はあちこちへと手続きを済ませて、今は実家のある北海道で
くつろいでいます。色々な方々と毎日会いながら、お話をしたり
しているのですが、日本も色々変化があったのだなあと感じて
います。
私は米国で学び、様々習得でき、世界へ感覚を向けていましたが、
こうして日本に帰国してくると、日本の価値観に、懐かしい共感を
覚えてしまいます。
「あ、そうそう」「理解できるよね」といった、そういう感動が
今の私をすごく癒してくれます。なくてはならない感動ですね。

前回のブログで報告した通り、今秋より大学院に進学します。
Deaf Studies(ろう者学学部)
International Development(国際開発学部)に進学し、2つを
履修することを決めました。将来的にはEducation Leaderに関わる
職業をしたいと思っています。
米国の大学院は日本のシステムと違って卒業できるかどうかが
大きな関門になるので、正直、今の語学力、経済力に大きな不安を
抱えています。でも、信念を貫くことが私自身の最大の武器なので、
前へと突き進みます。ただし、挑戦を続けるためには資金が
どうしても必要になります。今回の帰国はビザ申請もひとつの理由
ですが、資金を集めることもあります。自分が米国で経た経験や
知識を共有したく、相互相乗の意味で講演活動を精力的に行って
いきたいと思います。
先日の平塚聾学校を皮切りに、今回は東京を中心に、岐阜や関西
にも足を延ばす予定です。皆さんよかったら見に来てくださいね。

Asakusa0716

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ