« 静枝の優しい眼差し | トップページ | 能登の梅酒 »

18ヶ月

こんにちは。
今日の金沢は小春日和で暖かかったのが一転し、雪で荒れ模様。
一夜にして一面雪景色に変じた金沢、季節通りの景色にほっと
させられる。

さて、私の職場(石川県聴覚障害者センター)のブログが出来た
ので、その情報をお知らせしよう。
http://ishikawa-deaf.cocolog-nifty.com/blog/
手話動画ありなので、どうぞご覧くださいませ。

石川県に勤めて、早一年半がたった。
「石川」という地域性から教わることも多くあった。
そして何よりも収穫が多いのは北野雅子施設長のもとでともに
働け、人間性はもとより、施設長としての経営手腕、経営哲学
に大いに学ばされる。

この一年半を振り返ると、今までの固定観念や価値観を覆る
出来事とも出会い、葛藤したときもあった。
しかし、価値観を覆すことは従来の自分の殻を破る大チャンス
である。
長年疑問に思い続けたことを求めて、私は石川へ行ったのだ
から全てを吸収するつもりで考え抜いた。
すぐに答えが出ることばかりではない。
当然ながら、葛藤や苛立ちを感じることもしばしばあった。
そこで私が常に中心に据えていたのが、「苛立ちから怒りへと
転回しないこと」。
ろう者をはじめ、聞こえない人たちは抑圧を受けることに慣ら
されている。そのたびに、怒りへと転回、あるいは無関心へと
歩むかどちらかになる傾向があるように思う。
怒りの感情だけで立ち上がろうとすることがあるが、人間共和
の視点から考えてみると少し違うかなと思う。
怒れば怒るほど、共生どころか分断の層が厚くなるのだろう。
これはろう者のみではなく、マイノリティでしかわからない共通
経験が連鎖を生む見えない文化的背景と私は捉えている。
無知だからこそ人間は学び続ける。
当然ながら私もまだまだ学びゆかねばならない。
「人間」という視点を養うために、様々な人がいて、考えがあって
社会が成り立っている。
出会った人と語りつつ、あわせて「学」を追い求め、生涯学び
続けていきたい。

ここ石川では、今年4月から、スキルアップコース(手話通訳者
養成)と手話奉仕員養成(入門)のろう者講師養成講座の2つ
のモデル事業がスタートする。
石川県ろう協会と協会を支える人たちが長年抱いていた構想が、
一つの形となり、実現されようとしている。

石川県の手話通訳者のスキルを高めるためには、学習・実践の
場を提供することはもちろんのこと、何よりも忘れてはならない
のは、成人ろう者自身の成長である。
それだけは絶対に忘れてはならないことである。
将来社会的価値観が進むことにつれ、研鑽を訛ると、一番苦し
むのは誰か?
成人ろう者自身である。


未来を切り開くためには、幾多の壁にぶつかり、忍耐が必要と
なる。
「○○だから仕方がない」という否定的分析よりも、より建設的
に分析し、かつ地域性(あるいは県民性)を考慮し、その体質
にあった手段を選んでいく。
それがすべてプラス的価値を創造していく。
それが本当の教育の本質ではなかろうか。
本当の主役はリーダー的な人たちではない。
地域に生きる一人一人が本当の主役なのだ。

4月からの事業に向けて、目下準備中であるが、石川の人たち
に恩返しが出来る自分に成長したく思ったこの頃である。
「Karryが探している答えは地方にあるんだよ!」とアドバイスを
くれた石川の友人に感謝してやまない。
ありがとう。

|

« 静枝の優しい眼差し | トップページ | 能登の梅酒 »

「★つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人間だって心があるからやっぱり「喜怒哀楽」を養っていくものね。

石川県のろう協会もいろいろ頑張ってるそうだね。
karryも石川で体に気をつけて頑張ってね!!

こちらもバカ頑張るぞ~!!!(笑)

投稿: まあこ | 2007/03/13 10:02

今頃 00ゴンや00夫妻と会食中かな。
いつもながらの カリーの哲学生き方に感心してます。

意味ある 『時間』と 『縁』ですね。
無駄なものひとつもない!!

これからも時々読ませていただき 吸収させてください。エネルギー貰います!

ところで プロフィールに使っている真ん中の写真は?どこ? 何の樹?
カリーが何かを 悟りを啓いた?
パワー感じます。

投稿: ゆりあん | 2007/03/11 18:56

たえでちゅ:いつもながらコメントありがとう。
人間は何か芯なるものがない限り、流されやすいものだと思う。かつての私も流されてしまったからね。
でもね、その経験は決してマイナスではなく、全てプラスになっているのよ。
お互いに頑張ろうね。

投稿: Karry | 2007/03/09 18:36

なるほどだね。「苛立ちから怒りへと転回しないこと」
私も同感です。
私がそうだったから分かるです。笑
気付いたら私まで流されていたのだ。
流されているのに気付かない自分がいたから怖いなと思った。
人間は根本がない限り流されてしまうだろうと思った。
世の中を見極め、流されない人間になりたい私です。
私が地域の手話講師補として会議に参加していくたびに
カリーの言うとおりに感じているから私にできることは何だろうかと考えさせられている。
共に考え、成長してまいりましょうね!!!!!!!
人間というものを考えさせられたよ。
ありがとう!!


投稿: たえでちゅ | 2007/03/07 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100750/14176631

この記事へのトラックバック一覧です: 18ヶ月:

« 静枝の優しい眼差し | トップページ | 能登の梅酒 »