« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

聞こえない人たちの差異

気がついたら石川県で働き、もう1年たった。
現在、私は聞こえない人たちに関わる生活支援全般を受け
持っている。乳児から老人。ろう児をもつ親、難聴者、中途
失聴者、また聴者とも関わらせて頂いている。

今回は私の業務の一部である「中途失聴者・難聴者の生活
教室」について書こうと思う。
石川県は10の市があり、その中で、中途失聴者・難聴者の
生活教室の事業を行っているのは6市である。それを私の
職場の県センターが委託事業として行っている。
すでに、金沢市、白山市、小松市、加賀市、輪島市はこの
事業を終了し、あとは能美市を残すだけになった。

各市の事業の予算によって回数も違ってくるが、大抵は5回
程度である。
難聴者・中途失聴者の社会参加の促進、相談を目的として
いるので、色々なことを取り入れている。
9時から3時までの間に、手話講座、健康教室(太極拳・料理)
パソコン体験、施設見学、福祉制度の講義、聞こえの個別相
談、社会教養講座、座談会等々のカリキュラムで行っている。
(情報保障として、ループ、要約筆記(OHP)、手話通訳がつく)

参加者は本当に多様多種である。
名目は「中途失聴者・難聴者」となっているが、ろう協会に
属しているろう者もいれば、音を必須として生きる難聴者も
いるし、手話で生きる難聴者もいる。音のある世界から何ら
かの理由で、突如音のない世界となった中途失聴者もいるし、
人口内耳装着者もいる。
加齢によって耳が聞こえなくなった高齢者もいる。
一貫して彼らを「聞こえない人」と指すのだが、生活は音の
聞こえる、聞こえない、また置かれている環境によって大幅に
違っている。
だからこそ、お互いに違いを理解しあわない限り、お互いを
尊重することは難しい。
「難聴者も中途失聴者もろう者もみんな、人間である。」
人間はそれぞれ違っていて当たり前。
それを「差異」という。
「差異」をどのようにみていくかが、私たち人間の行動にかかる。
「差異」が「差別」につながるか、「共存」につながるか。
それは、「人」が好きでない限り、お互いをマイナス評価、
あるいは何かの名称につけて壁を作ってしまう。
どう、最終的にたどり着くのはそれぞれの人間性。
人間性を作るのも、教育である。

生活教室が終盤に差し掛かった頃に、座談会をいつも開いて
いるのだが、「わたしにゃ、手話は難しいと思ってやらなかった
けど、竹内さんと手話を勉強してみてこれは楽しいなあ、手話は
いいなあ。わたしも覚えることにしたよ。」
そういう言葉を聞くと嬉しくなってしまう。

私が常に留意しているのは、ただ任務をやるだけではなく、
どこも同じだが、参加された方が心ゆくまで満足できたかどうか
を考えることと、今ある人材をどのように育成していくべきかを
いつも念頭に置いている。
簡単なようで、難しい。しかし、それが一番大切なのだと思う。

人は言う。
「バイリンガル路線で走ったKarryがどういう根拠で難聴を?」
私は答える。
「バイリンガル路線で走ったからこそ、たどり着く答えもある。
そういう過程があったからこそ、今の自分がいる。
否定なんてとんでもないことだ。」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

魂の共鳴のひととき

日本酒を片手に、居酒屋で一人の友人と呑みあうことがあった。
彼女は私が上京したての時、友達の紹介で知り合い、一緒に
3年くらい活動をしてきた仲間だ。
その後は、私は「教育」へ、彼女は「自然へのアプローチ」へと
歩み、ここ8年間はたまに近況報告をするぐらいで、あまり会わ
なくなっていた。

ところが、ひょんなことから同志たちと設立した「しゅわえもん」を
知った彼女が、その理念に賛同してくれ、改めて一緒に活動
することとなった。
今思えば、出会ってから今まで、二人だけでじっくりと語り合った
時があっただろうか?そういう機会をもてなかったことに気づき、
日程を調整し、私たちは落ち合うことにした。
それぞれの道を歩んでいたこの8年間、どのような8年間を
過ごしたのかー。
お互いの8年間を語っていく中で、それぞれが無駄ではなく、
かつ貴重な時間を過ごしていたと認識した。

彼女との語らいを一言で表すのならば、「魂の共鳴」であろうか。
魂と魂とがぶつかり合い、それが共鳴へとつながっていく。

彼女は現在、壮大な自然を相手に、自分というものを高めて
いる。その経験が、現在「Outdoor Japan」という雑誌で、コラム
として毎月掲載されている。
そして、彼女はわたしに言った。
『人との出会いをとおして、その意味に出会う。
先日「素直」の言葉の意味に出逢った。
その「素直」という言葉をKarryにも伝えたい。
「素直」というのを分解すると、「主」に「糸」が「直」につながる。
「主」とは、天空なる神をさし、そこから「糸」が「直」につながって
いる。だから「素直」ということは、天とつながっているという意味
なのである。
そして、自分に素直でいれば、天と結びつく。
たとえば、自分が求めているテーマに対して、素直に考えて
いたりすると、そのテーマのヒントや答えが、何らかの方法で
すぐに現れる。
これが宇宙の法則であり、宇宙観となるのである』
と。
彼女の話を聞きながら、鳥肌がたっている自分がいた。

その後もどんどん話が弾んでいき、
私からは生命の詩人・タゴールの詩を一句、手話で彼女に送った。

            「人生航路」
人生航路は大きな川の流れによく似ている。
その急激な流れの力によって、今まで流れたことのない、新しく
予想もしなかった水路が開かれてゆく。
そうした変化に富んだ流れや、計画もしていなかった変化は、
神様が私たちの人生に計画なさったものなのだ。

人生は、人間が作った運河のように決まりきった水路だけを
流れるものではない。

こうしたことを、自分の人生ではっきりと認識した時、私たちは、
もうどんな人間社会の作り事にも惑わされなくなるだろう。
                   (ラビンドラナート・タゴール作)


それぞれの固体が小宇宙となって、大宇宙との一体感を感じ得る
ことができた。
私たちは「生きる力」を発する世界を築いていこうと固く誓い合った。
こうして、「魂の共鳴」のひとときを過ごした彼女の名は、
永易トロール

皆さんも、彼女が感じた世界を覗き、しばし浸ってみませんか。

【Outdoor Japan】 コラム
2005年10月
2005年11月
2005年12月/2006年1月
2006年3月
2006年4月
2006年5月
2006年6月

| | コメント (7) | トラックバック (0)

おぉこの感覚は!!

石川には「ろうあ釣りクラブ」がある。
高校を卒業するまでは、父と一緒に沖合いで魚釣りをして
きた私。カレイ、あぶらこ、カジカなど・・・
しかし、上京し、仕事はもちろんのこと、休日の環境も変わり、
いつしか趣味も変わり、サーフィン、スノボ、陸上、バスケ、
自転車などに没頭した。

今住んでいる石川県の海は、わが故郷を馳せる日本海で、しかも
魚釣りのクラブがあるときた!すぐ入会!
しかし、入会したものの、なかなか日程があわず、7月、ようやく
イカ釣りに参加させてもらった。
といっても、イカ釣りはまったく初めて。石川では7、8月がベスト
シーズンで、夕方から夜にかけてが絶好の時間帯だそうだ。

日程調整しながら、赤イカ釣りには2回参加してきた。
夕方6時に港を出て(加賀の橋立港、金沢の大野港)、仕立船
を30分ばかり走らせる。そこで、船頭さんより指示が出たら、
釣りが開始される。

船についてあった集魚灯をオンにすると、明かりを求めていた
赤イカが集まってくるそうだ。10数年ぶりの魚釣り、ましてや
初めてのイカ釣り。
私は久しぶりの感覚に興奮してしまい、最初はドタバタ劇だった
が、クラブのメンバーたちがやさしく教えてくれて、鈍っていた
感覚は徐々にとり戻りつつ・・・

赤イカ釣りは魚釣りのように、竿をきびきび動かすとノリは悪い
と教えられたので、私はぐーっとこらえて、握り、竿にずっと注目
していた。
ググッとかすかに動いた!竿を動かしたら、重みがある!
しかし、魚のように引っ張られる反動がない。
戸惑っていた私に、「かかっているから巻け!」と。
言われるがまま、リールを巻いたら、ホントにかかっていたのだ!
何がなんだかわからず釣ってしまったので、そのコツを習得
したく、私は躍起になってまた竿を投げた。

Ika_1だんだんやるにつれて、手際もスムーズに
なってきた。
反動が出たと思ったら、すぐさま竿を動かす。
グーッと重みが乗ってくる。そのままリールを
巻いて浮かせる。
赤イカは海面からあがった途端、墨を吐くので、
吐かせてからスッと引き抜く。
おー、これは楽しいぞ!
ふつふつと今まで眠っていた血が騒いできた。

集魚灯がついているので、色々な魚が浅いところまで浮いて
泳いでくる。
コゾクラ、ヤヨリ、トビウオ等等。
それを眺めるのも一層面白さを増す。
そのとき、遠くに得体の知れないものがどんどん近づいてきて
いる・・・
なんだろう???と注意深く見たら、なんと渡り蟹!!
カニって、泳げたの?
ビックリ!!(みなさん、知ってました?)
カニは横歩きのイメージしかなかったので、一番下について
いる足だけを懸命にこいでいるカニがかわいらしく思えた。

でも・・・・
Kani_1船体に近づいてきたので、「ごめんよ・・・」と
思いつつ、網で取りました。


カニも明かりを求めて、あがってくることを知らなかったので、
夜釣りは色々発見ができて、冒険心をもそそられた。

11時半に船頭さんより、「時間だから、竿を引け」という声で
納竿。
その結果、赤イカ25ハイ、スルメイカ5ハイ、おまけにアジも
3匹釣れた。
こういう日は釣り日和だという。

やっぱり釣れたての赤イカはやわらかく、新鮮で頬が落ちる
ほど、美味しかった。
今度は10月、兵庫にて真鯛に挑戦する。
これも初めてなので、どのような展開があるのか今からワクワク
している。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

お知らせ(TV放映)

涼しく、爽やかな夏も、終わりが見えてきました。
夏休みとやら色々とネタがあるけど、とりあえず、
お知らせのみで。

今夜9月1日19:00-21:00
北陸放送(TBS)「秋の皇室スペシャル」に紀子さまが
何年か前に石川を訪問されたときのことが放映されます。
その中で、当時、紀子さまと語り合った石川県ろう協会
女性部のメンバー達と、職場の施設長の北野雅子さん
当時の思い出を語るシーンが短時間ですが、映されます。
先日、インタビューに来られたので、その様子が流れると
思います。

みなさん、ご覧ください♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »