« 自然の宝庫・能登半島 | トップページ | お知らせ(TV放映) »

一個の生命から想う

石川県ろう協会老人部の方がまた一人亡くなられた。
長い間の闘病生活後、自宅に戻られたその日に、帰らぬ人と
なった。落ち着く我が家で、Tさんを何を見て、何を思い、この
世に別れを告げたのだろうか。

明朗でさっぱりしていたTさんは、出会うたびに私たちに元気を
くれた。
Tさんは若さが大好きで、活動的な人でもあった。
携帯にプチ虫眼鏡を当てながら、メールを読み、一生懸命
返信しながら、「孫に送っているのだ」と豪快に笑っている姿が
忘れられない。

今思い起こすと、Tさんからも色々なことを教えられた。
そのTさんが今は亡き人となった。
そしていつしか回りの人もなくなっていき、わたしもいなくなる。
宇宙の法則には逆らえないものである。
しかし、わたしは不思議なことを感じる。
Tさんから教わったことを、今度は私が誰かと出会い、その
ことを広め、私と出会った人はそれをまた違う人に広めていく。
こうして思想と魂が伝承していく。四次元のようなものである。

先日TVを見ていたとき、東京大空襲で家族全員を失い、学童
疎開で東京を離れた自分だけが生き残ったという女の子がいた。
あっという間のことだったので、遺骨も遺物も見つからなかった。
家族の中には3歳の弟がいた。
その弟が学童疎開で離れているお姉ちゃんへと送ったメンコ
一枚だけが弟の形見として残っていた。
それ以外弟が生きた証がないから、生涯大切にしているという
話だった。

死んでしまえども、生きてきたことは事実。
事の重みが違うかもしれないけど、生命には優劣とか上下とか
は絶対にない。
いなくなることは寂しいものだが、この世界で生きてきたことは
確かだし、Tさんと共に送った時の証は今もなお私の心の中に
映っている。

生命を育む-。

その言葉はとてつもなく重いものだと改めて気づく。
また回りの人たちが去るときがあるだろうが、ゆりかごから墓場
までである以上、生命を育む偉大さをかみ締めていきたい。

過疎化が進んでいる石川。
そして戦争にゆかりの深い8月。
原爆、終戦を思うと生命について考えさせられ、重いテーマ
となってしまったが、人間として避けられぬ課題であろう。

|

« 自然の宝庫・能登半島 | トップページ | お知らせ(TV放映) »

「★つぶやき」カテゴリの記事

コメント

NOB:コメントありがとう。NOBさんのコメントも心温まります。あなたもいろいろなことを感じ、いろいろなことを考えていることがわかります。宇宙と私たち人間と関わりはとても深いですよね。うん精神は永遠不滅だね。
ある革命家の言葉に「肉体は滅びても、精神は死なず」とあるけど、まさにその通りだと思う。まだ色々話しましょうよ。

wakako:初カキコありがとう♪
図書館のように大切にねの比喩、とてもいいですね。Tさんも含めて今いる人たちの関わりを大切にしていきたいと思っています。またよろしくね。

もんも :おおお!もんもだ!初カキコありがとさん☆
ホントに、Tさんはパワーみなぎっていたね。見ていてもはらはらするくらい。笑
もんもはTさんと一緒にビデオ出演をしたから、思い出も沢山あるでしょうね。

shinotake :カキコありがとう。あなたのTさんとUさんへの思い、胸を打たれました。思い出を書いてくれてありがとう。
TさんもUさんも、shinotakeの心に永遠に住み着いているのですよ。shinotakeの誠実さはTさん、Uさんとの出会いから得たものですね。私もshinotakeの誠実さを見習わなくちゃね♪

たえでちゅ:いつもありがとう♪
うん、そうだね。生もあれば死も当然ある。避けては通れぬことだな。
身近な人が亡くなると改めて考えさせてしまうものね。

投稿: Karry | 2006/09/06 12:44

ハーイ!元気?
私も夏休み中に2回も親族の人が死去した。
しかも、親子でそれぞれ一ヶ月違いの同じ日だったわ。
よくある話だよね。なぜだろうね。
後追いなら、同じ界で会えるのかしら?
生きているときの行ないで決まるようなものだから分からないよね。
みんな素晴らしい行ないをし、素晴らしい界で会えるようにしようよ!!
カリーの言う通りに、人はこの世から去っていてもその人の精神が残されているよね。
私という人を多くの人に知ってもらわなくちゃね。ははは

投稿: たえでちゅ | 2006/09/04 16:21

惜しい人を亡くしてしまい、すごく悲しい。Tさんだけでなく、7月に亡くなったUさんも亡くなり、すごくさみしいです。
私がTさんとUさんと一緒にいた思い出を書きたい。
 Tさんは、私が金沢市ろうあ協会理事に任務したとき、Tさんと一緒だった。困ったことがあったとき、相談してくれる人だった。老人部だけでなく、青年部の仲間と共に親しみがあり、話しやすかった。目で聴くテレビの番組である「地方の手話」でTさんが出演していただいた。出演する前に相談しながらユーモアがあり、話しやすかったと思う。
 Uさんとの思い出は、私が県ろうあ協会職員に入職して本当にUさんが好きでした。ろうあ石川の織姫隊メンバーでいろいろお世話になっていました。75歳になってパソコンを買ってなかなか覚えられなくてパソコンボランティアとして行ったり、繰り返ししながら教えた。Uさんは真剣な顔をしながらコツコツと覚えていった。Uさんがおっしゃった言葉を覚えている。「退職した後もすぐ、ボケが来る。ボケ防止をするためにも活動も自分の趣味を生かして行きたい。パソコンも覚えて
ボケ防止して生きていきたい。」と話したことも覚えている。一緒に旅行へ行こうとUさんが言ったですが、一緒に行けなかったことが私にとって残念。Uさんを助けてあげたかった。
Tさん、Uさんは私にとっていい人です。

投稿: shinotake | 2006/08/31 11:28

初カキコで~す。
Tさんは若者に負けるくらい元気パワーがあったから
長生きすると思っていた。いなくてはならない存在だった
から残念です。このブロクにTさんの事を連載してくれて
天国からTさんが喜んでいると思うよ。
命の大切さを考えさせられました。
ありがとう。

投稿: もんも | 2006/08/28 00:30

karryさん、
いろんな出会いや心から献身してきたこと、私まで涙が溢れるように感動してます。
Tさんは年齢が大先輩であり、いろんな学んだことを忘れずにいい方向へ活躍し、未来が変わるんでしょう。
大先輩から賜物をもらったでしょう。感謝を投げずに一歩一歩成長し、図書館のように大切にしようね。
ありがとう!

投稿: wakako | 2006/08/27 12:59

karryさん とても自由人という事を感じさせる文章です。
宇宙に比べれば時間も含めて考えれば私たちは本当に小さい存在。でも、精神は無限の可能性が広がっている・・。
本当に不思議だね。
本当に感謝一杯溢れている文章だなあと感じました。

投稿: NOB | 2006/08/25 21:54

りさ・たくま:ありがとう♪生命ほど大切なものはないのだけど、世の中はなぜか残酷なことが起きているのも事実。悲しいよね。
でも今あることから大切にしていかんとね。そういう地道なことが本当に大切なんだなあとじみじみ感じるんだ。

ちくわ:コメントありがとう♪初コメントだよね?嬉しいです☆
命を失えど、生きてきた意味はある。残された私たちがいかにどう生きていくのかになるだろうね。
簡単に命を失うことも、この世に失望感、絶望を覚えたからこそそういう行動をとると思う。要は出会いによるのかもしれないね。

KAIKAI:コメントありがとう♪
Tさんの手話調(口調)、今でも思い出しているのさ。そのたびに笑ってしまうの。私のみならず、Tさんと関わった人たち全てだね。そう思うとTさんが与えた影響はすごいなあと。

きらら:コメントありがとう。
うんうん、人生をより長く生きている人のメッセージはとてつもなく重いものであり、考えさせられるよね・・・。

投稿: Karry | 2006/08/21 20:36

ご冥福をお祈りします。

うんうん、命は、尊いものですね。
茶道の先生が、この前の土曜日に、私らに話してくれました。。。
「今、世界中で内戦とかで罪のない人が死んでいる・・・
私たちは、今生きている、
生きていることに感謝していかなければならない」
と。実は先生90歳です。
だからなのか、とっても重みのある言葉でした。
生きていることに感謝する、当たり前のことを気づかされた一言、これも皆さんに伝えていけたら・・・と思っています。

投稿: きらら☆ | 2006/08/17 21:36

御冥福を心から祈っています…。
亡くなったのは本当に辛い。
でもKarryさんの心の中にTさんが生きているさ!
きっと…TさんはKarryさんと出会って本当に良かった!!と思います。

投稿: KAIKAI | 2006/08/17 04:41

お悔やみ申し上げます。
避けられぬ運命、命の重さの意識は時間が経つにつれ薄れていくんだよね。汗
命を簡単に投げ捨てる者にこの文章に読んで貰いたいもんだな。

投稿: ちくわ | 2006/08/17 00:11

生命の重さをじみじみ感じる言葉ですね。世界は戦争、核を作るとかで命をなくした人もたくさんいるから、生命の大切さを全世界に知ってもらいたいですね。

投稿: りさ・たくま | 2006/08/16 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100750/11461843

この記事へのトラックバック一覧です: 一個の生命から想う:

« 自然の宝庫・能登半島 | トップページ | お知らせ(TV放映) »