« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

100万人のキャンドルナイト

100万人のキャンドルナイト
「電気を消して、スローなナイトを」
http://www.candle-night.org/

これは、2003年よりスタートした環境文化運動の一つ。
6月17日から夏至の21日まで、夜8時から10時の間、電気を
使わず、省エネを行おうというもの。
参加方法は至って簡単で、電気を消してキャンドルを灯せば
OK。簡単だからこそ、共鳴が共鳴を呼び、輪がどんどん広が
っていく。

ふと思った。
このときに、宇宙飛行士が地球を見たらどう感じるのだろうか?
淡く灯る地球。静寂に包まれた地球。
これこそが、本当の意味での自然の美と感じ、美の価値を
改めて発見しえるかもしれないだろうな。

私がキャンドルと聞いて連想するのは、インドの長期旅行中の
出来事。
その日はブッダガヤーへ向かう予定だった。
想像通り、電車は大幅に遅れ、昼に着くはずが、ブッダガヤー
に着いた頃には、あたりは暗くなろうとしていた。
この地は、電気というものをあてにしてなく、所々にしか光りが
なかった。とりあえず、リキシャを捕まえ、予定していたゲスト
ハウスへ向かったが、なんと、そこにはゲストハウスがないと
いう。
「耳が聞こえない。暗くて見えない。光りのあるところに行って
ほしい。」運転手に身振りで伝え、明るい場所へ行き、どうした
ものかと聞くと、
「宿も見当たらないし、危ないから、そこの建物に泊まりな」という。
建物には、何かしら文字が書いてあったが、読めない!!
得体の知れない建物だったらどうしようと途方にくれていたところ、
ロウソクの灯をもって、わたしを案内しようという人が現れた。
やや警戒しながらも中へ入ると、人がぎょうさんいて、びっくり!
どういうところかわからないが、とりあえず、ベッドもトイレも
シャワー用のお湯(バケツ一杯)もあり、金額を交渉し(安い!)
いったんそこに泊まることにした。
電気はなく、ろうそく一本を渡されて、一夜を過ごした。
ロウソクの灯だけで、日記やハガキを書いた。
不思議な感覚だった。
今は原子力発電で電力を作り、電力に頼りきっている。
しかし、その便利さに反して何かが壊れている。
その代償は、年月を重ねてわたしたちに返ってくる。
そういう法則があるんだな。
電気の重みを改めて考えたひと時であった。

翌日、その宿泊先がどんなところか確認したら、
チベット難民を収容するところだった。私が泊まった部屋は、
家族が生活するところだったそう。
朝、部屋に案内してくれた人に、感謝を述べて、後にした。

みなさんも地球に負担をかけないほんの小さな出来事を
共有してみませんか?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

しゅわえもん

今日は私たちが活動している団体「しゅわえもん」について
紹介したく思う。

「しゅわえもん」は、去年の8月に出発した。
すべての子どもたちが、お互いを尊重しあい、自分の個性を
輝やせ、自分の力を発揮しながら、社会に羽ばたく人材に
なるようサポートしていきたいと、集いあった有志とともに設立
した。

一般的にいう教育は現在、多様化している。
聞こえない子どもを取り巻く教育も多様化しようとしている。
しゅわえもんもその数ある中の一つである。
私が考える教育には、芸術の側面をもつ。
このことについては、今後ブログでも少しずつアップしていく
ので、今回は割愛する。

そうそう、しゅわえもんのHPもあるので、ぜひ見てもらいたいと
思う。
目玉のてれびえもんは随時更新の予定で世界に発信して
いく予定です!お楽しみに!!

最後にこの場をかりて・・・
しゅわえもんの活動に対し、日頃よりご支援ご協力いただいて
いるみなさんに、改めて感謝申し上げます。
今後もあたたかいご支援を頂きながら、よりよき「しゅわえもん」
となるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

Logo http://www.shuwaemon.org

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »