« 二人の門出を祝して | トップページ | 世界ろう者会議(スペイン) »

読書とわたし

わたしは活字が好きで、昼休み、通勤時間、寝る前に一つの
儀式と言っていいほど、本を読む。
時には小説だったり、マンガだったり、絵本だったり、新聞
だったり。いや、新聞は毎日ですね。笑

先月はキン肉マンマニアの友達に、キン肉マンのマンガを借りて
読んだ。
キン肉マンは小学生の時にはまって、マンガだけでは物足りなく
なり、弟と一緒にキン肉マンのゴム人形集めにも走った。
親に小遣いをねだっては買ってもらっていたことが懐かしく思う。

あの頃は、単純で闘いの勝敗にしか興味がなかったのだが、
大人になった今、読んでみると、けっこういい本だということが
わかる。キン肉マンが流行る理由が今になってわかった。
闘いを通して友情パワーの輪を広めていくキン肉マンの姿と
ともに最終巻のキン肉マンの台詞「友情とはもっとも遅い植物
である・・・」という言葉に、わたしはしびれてしまった。
経験と理屈が一致しているキン肉マンに、改めてかっこよさを
感じた。

本を読むと、客観的に観察、批判的思考も養うこともできる。
自分が経験できない道の世界へもいくことができる。
ホール・ケインの「永遠の都」を読んだときも、感動のあまりに
しばしその余韻にひたり、ほんの世界に入ったままになっていた。
「ダビンチ・コード」ではレオナルド・ダ・ビンチの偉大さを知ること
ができ、もう一度ルーブル美術館へ行き、じっくり観察してみたい
と思った。
そして、先週は「国家の品格」「ハリーポッター 謎のプリンス」も
読破した。
「国家の品格」は頷ける部分もあり、自分は違うなあと考える
部分もあったし、「ハリーポッター」は気持ちが移入すぎて、
ずーんと沈んでしまった。すべてがつながっていて謎解きの
パズルのようだ。もう一度一巻から読み直してみたくなった。

ふと思ったのだが、本を読むたびに自分の感性が高まっていく。
人間観察と似たようなものかな。
現在は友人たちの勧めにより、「超バカの壁」「東京タワー」
「祖国とは国語」にチャレンジしている。

私のブログを読んで、「あの本を読んでみては?」などと色々な
人がいろいろな本を紹介してくれる。
とても嬉しいことだ。
時間のやりくりしながら読んでいきたいと思う。
読んだあと、色々所感を語り合うのも楽しみの一つだ。

|

« 二人の門出を祝して | トップページ | 世界ろう者会議(スペイン) »

「★読書人になろう」カテゴリの記事

コメント

たえでちゅ:たえも活字を読んでいるんだね。
漫画は漫画の楽しみがあるし、活字は活字の楽しみがある、それぞれあっていいよね。
美術鑑賞はまだまだいまひとつわかっていない自分がいるので、今度一緒に行って、感じたものを語り合いませんか?

投稿: Karry | 2006/06/09 07:11

マンガ好きだった私が活字だけの本も読むようになったんですぅそれは答えを求めているからなんだと思う。
マンガはストレス発散っぽいだね。
笑うことも大事だからね。
活字だけの本は・・・なんだろう。また違う自分になれるかな~生命を磨くかな~
うん、本は友達!!
私がおばあさんになる頃に自分の人生を本にしたいな~
・・・やっぱ、記録より記憶が大事だと思っているから、私という人の振る舞いで十分なのかな~うーん。
美術館かぁ学生の時以来ずっと行ってないな~
学生のときはただ見ればいい感じだったんですぅ汗
なぜだろうね。
今の私なら絵の素晴らしさが分かると言いたいけれど
絵によるかもね・・・。
時間があれば行ってみたいと思う。

投稿: たえでちゅ | 2006/06/02 01:52

うなぎ:あなたもその本を読んだのですね♪
その本を読んだ人と所感や色々な見方を話し合うこともけっこう楽しいな。
母なる国で土壌を肥やすことが真の国際人間の一歩である、そういう点には納得できますね。

投稿: Karry | 2006/05/31 18:11

「国家の品格」は、藤原正彦の著書ですか。
そうでしたら、私も読みました。
日本の武士道精神とか書いてありますね。
またプロジェクトⅩシリーズのDVDを観たのですが、
独創性が優れている日本人が何人もいると。
「(手術に使う)レーザーメス」、「プラズマテレビ」、
「デジタルカメラ」の商品は、日本から創り出し、
世界市場の90%近く占めています。
プラズマの原理を理論に踊られることなく、
実用化の夢に燃えていたのが魅力的。
また日本語ワープロの商品化に際し、
4万字の漢字や、ひらがな、カタカナなどが、
多く存在することから、4万字の文字を探すのに、
大変。すぐに画面に表示させる方法がないかと研究。
変換キーの開発、熟語の組み合わせなど。
外国ワープロは、アルファベット26文字だけで、
大きな違いがある。
日本語ワープロの開発に成功し、商品を世に出したら、
「ワープロで、きれいに文章を作れるし、大学の講義を聞いて勉学に努めたい」と、
脳麻痺の若い女性の書いた大喜びの手紙があったようで、
すごく感動した。
最近では、音声認識ワープロが流行っていますね。
とりあえず、日本国は、世界を救うことができる
「国家の品格」に、自信を持って欲しいと、
著者が言っていたと思います。

投稿: うなぎ | 2006/05/26 22:14

なつき:わぁ、明智小五郎?なつかし~江戸川乱歩作だね。はまった時期あったよ~。それだけでなく、シャーロック・ホームズとかアルセーヌ・ルパン、エルキュール・ポワロなどなど。面白かったよね、その本は。

きのこムスメ:初カキコありがと~♪
そういえば、そうだね。うち、本を読みまくっていたんだよね。笑
一時、読まない時期もあったけど、変わらず読んでいますのさ。今はリリー・フランキーの「東京タワー」。
北斗の拳?めちゃなつかし~。ユリアだったよね?北斗の拳のおかげで、星座に興味を持ち始めたのさ。あー読んでみたくなった!

投稿: Karry | 2006/05/26 12:51

そういえば、学校にいたとき、駅で会ったときも
やっぱりKarryちゃんは本を読んでたなぁー。
懐かしい☆
似たような感じでうちは北斗の拳を久しぶりに読んで、
あらためて面白さを感じるようになったなぁ♪

投稿: きのこムスメ | 2006/05/25 23:02

うちが好きな本は、マインドコントロールに必要な本です(^^ゞ
昔は、明智小五郎とか怪盗21面相など、推理ものが大好きでしたねぇ。懐かしいな・・・

投稿: なつき | 2006/05/24 22:30

DEAFドラえもんママ :カキコありがとう。
行ったんだあ?評価が賛否両論だよね。DEAFドラえもんママはどちら側に入るのかなあ?
そうだよね。かわいいチビたちがいると、どうしてもチビたちのペースになってしまうんだよね。もう少し待とう・・・

ganden:初カキコサンクス♪
うちはそうでもない、単に本がすきだけや。そのあと、友人たちに語るのも楽しいからね。
今度話すから、そのうちgandenも好きになっちゃうぞ~♪

なつき:初カキコサンクス♪
ねえ、キン肉マンの絵描いて~。どういう本が好きなの?

いちご:初カキコサンクス♪
いちごもマンガが超大好きと聞いているから、今度、色々語りましょうよ。楽しみだなあ。

投稿: Karry | 2006/05/24 21:20

うわぁぁキン肉マン!懐かしいねぇ。
うちも大好きよ。漫画は持ってないけどw
昔、よくジャンプを読んでました。
本は全く駄目ですね。wwwww
字だらけを読むと......
スゥ~~~~~~~って寝てしまいます。w

投稿: いちご | 2006/05/24 05:26

きん肉マン、懐かしい!!!!wwww
イラストが今でも描けるよ程のオタク!!!wwww
え、一緒にしないでくれって?wwww
うちも本は大好きです。
ただし、頭がフル回転できる昼間に限ります。wwww

投稿: なつき | 2006/05/23 23:11

すごいなぁ。。。私は逆に本を読むのが苦手なんだ・・・汗 小さい時は本を読んでいたのにいつのまにか、苦手になってしまっている。でも友人が書いた本なら興味がある笑 だからKarryちゃんって知識が豊富なのねぇ。

投稿: ganden | 2006/05/23 21:04

昨日、時間を見つけては映画へ行って、
「ダビンチ・コード」を見ました_(^^;)ツ アハハ
確かに、絵には意味があっての絵だったことを
初めて知りました(・∀・A;)あせあせ
美術館へ行ったとき、じっくり見ようかな・・・。
でもチビ達がいると、そういうわけには行かない
でしょうね(;´∀`)>フゥ...

投稿: DEAFドラえもんママ | 2006/05/23 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100750/10206980

この記事へのトラックバック一覧です: 読書とわたし:

« 二人の門出を祝して | トップページ | 世界ろう者会議(スペイン) »