« 桜をみてのつぶやき | トップページ | 魯迅公園 »

高層そびえ立つ上海

中国ネタです。
ろうあ石川300号を記念し、上海と蘇州を旅したことは以前、
ブログで紹介していたと思う。
正直言って、ツアーガイドがいるけど、年齢層の広い人たちを
まとめることができるのだろうかと、行く前は、かなりドキドキ
していた。
しかし、ふたを開けてみると、そんなのは杞憂にすぎなかった。
参加者一人一人が素晴らしくて、みんなで協力し合え、心に
残る旅行となった。

まず、上海の浦東空港到着。金沢よりいくらか暖かいように
感じた。
磁遊列車(リニアモーターカー)にのり、時速430Kmに一同
どよめき声が沸きあがった。そして時速430Kmの速度メーター
を記念とし、みんなカメラでパチッパチッ!
周りを見回すと、当然のことながら、外国人観光客だらけ。
上海の目玉として、観光客を取り込んでいるのであろう。

Photo 次にバスに乗ったが、このバスのデザインが
奇抜だった。
わたしたちは、そのバスを「犬バス」と名づけた。
どんなバスかは写真をご参照あれ。

8年という年月は上海をかなり変貌させていた。凝ったデザインで
それぞれが個性あふれている。
外灘を散策しながら、8年ぶりに訪れた地に、感慨深い思いで
流れる川を見つめ、しばし思いに耽った。
そのとき、ガイドさんの「そろそろ時間ですよ」との催促に、
あーわたしはツアーで来ているんだな・・・と今までなじんだ
個人旅行とはまったく違ったリズムで四苦八苦。
業務で来ているのだと職務感に心を切り替えて、よし!

夕食は広東料理を満喫した。
「めちゃくちゃ、おいしい!」という人もいれば、「辛くて食べられない」
とか「脂っこいね~」などなど、色んな人がいるから味の感想も
もちろん違ってくる。

宿泊先のホテルもかなり豪華で、私自身初めての経験。
ふわふわのベッドで、寝心地もグー!
翌日は汽車で蘇州へ行くので、上海駅はどのように変わっている
のか、魯迅公園は変わっていないのかななど、楽しみを胸に
抱いて、床に入った。
しかし、その後、私は8年の年月の重みを感じることとなる。

|

« 桜をみてのつぶやき | トップページ | 魯迅公園 »

「★旅人の足跡」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにコメントを入れるね。
中国旅行で楽しかったことを私たちまで話してくれてありがとう!!
中国を知る機会が持てたわ。
感謝!!ふふふ

投稿: たえでちゅ | 2006/06/01 01:12

森@IDE :初カキコありがとう~♪
森さんも上海行ってきたんですか?そうそう、体育具・・・。あれはすごい・・・。日本じゃ真似できないと思ったもん。
蘇州の公園で写真を撮ったので、蘇州を書くときにあわせてアップします。待ってくださいね★
どの国へいっても、現地のろう者に案内してもらうことはろう者の特権かもしれませんね。

投稿: Karry | 2006/05/11 17:48

わたしも上海に行った折、休日に現地のろうの姉弟の友人に案内してもらって、魯迅公園行きました。確かに公園は、体力作りの場になっていましたね。遊具というか、体育具というか、そういうのもちょっと凝っていませんでしたか?日本とはカルチャー違うなぁと改めて思いました。

投稿: 森@IDE | 2006/05/09 11:15

うなぎ:初コメントありがとう♪
はい、続きを今日(5/8)アップしました。

かおり:初コメントありがとう♪
うんうん、上海もなかなかいい!料理もめちゃうまか~。
はいはい、今日アップしておきました。

投稿: Karry | 2006/05/08 19:17

日記にコメント、ありがとうございました。
上海旅行、いいですねぇ~~~!!!
私も本場の広東料理、一度は食べてみたいです~~~。

8年間での上海の変貌ぶりや、ツアーの仲間達との
旅行記、続きを楽しみにしていますね♪

投稿: かおり | 2006/05/08 14:52

話しのつづきを楽しみにまっています

投稿: うなぎ | 2006/04/23 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100750/9668881

この記事へのトラックバック一覧です: 高層そびえ立つ上海:

« 桜をみてのつぶやき | トップページ | 魯迅公園 »