« 博士の愛した数式 | トップページ | 偶然の再会 »

今井メロよ、試練を糧に!

HP女子の競技が終わった。結果、中島が最高順位だった。
オリンピックという晴れ舞台、スノボに情熱をかけた彼女たちの
戦いは幕を閉じた。

HP女子選手の中でも、私は今井メロに期待を寄せていた。
我が妹と同じ年齢だというのもあるが、それだけではない。
実は、私とメロちゃんは以前、出会っていたのだ。
確か、私が21,22歳だったかな。スノボのハーフパイプに魅せられて、
毎週末のように、色々な大会に参加しながら越冬していたあの頃。
その大会会場に兄の成田童夢クンと家族と一緒に来ていたメロ
ちゃんに初めて出会った。
メロちゃんは、まだ小学生になるかならないくらいだったように思う。
その大会で入賞できた私に、アナウンスで私が耳が聞こえないこと
を知ったメロちゃんが「お姉ちゃん頑張ってね」と、何かをくれた。
それがどういうものだったか、正直忘れてしまったが、彼女のその
愛らしい姿は、今も私の胸に残っている。

当時からも彼女の滑りぶりに、将来大物になることはびんびんに
感じていた。
その後、私は事故により、すっかりスノボから遠ざかってしまったが、
事あるごとに、童夢クンとメロちゃんの活躍を目に、心からの声援を
送り続けていた。

スノボの人口も増えてきて、スノボに対する情熱もヒートアップして
きている。
より高く、よりかっこよく、技を求める。横回転のみならず、縦回転、
空中回転とやら、技はどんどん進化してくる。時には恐怖心も伴う。
しかし、空中で舞い、技を決めるほど心地よいものはない。

トリノオリンピックでは、兄妹とも、本来自分の持つ力を出し切れずに
終わってしまった。
技術力、体力はもちろんのこと、精神力を鍛えることはアスリートと
しての絶対不可欠な要素である。
メロちゃん、あなたはまだまだ18歳。全ての面でまだまだこれから
大きく羽ばたく人だ。
潜在する才能が無限にあるあなただからこそ、それを開花させ、
「メロウセブン」「メロ900」も進化させ、どんどん新技を開発し、
又、オリンピックで勇姿を見せてほしい。

今井メロよ、自分に打ち勝つために今がある。
数々の試練は自分を強くする最高の材料だからね。
屈託ないメロパワーで、一つ一つ着実に楽しんできてね。

|

« 博士の愛した数式 | トップページ | 偶然の再会 »

「★つぶやき」カテゴリの記事

コメント

=_l ズ ヱ :カキコありがとう。珍しいハンドル名ですね♪
オリンピック終わってしまったね。一人一人のドラマが映っていて、私たちに感動を与えてくれたね。
=_l ズ ヱさんも、今井メロちゃんを応援していたんだね!一緒に応援していこうね!

たえでちゅ:あなたもスノボにはまっちゃった?楽しいでしょ♪スノボをスポーツとして捉える人もいれば、レジャーとして楽しむと捉える人もいるし、楽しみ方はそれなりでいいんだよ。
スノボは全身運動なんよ・・・。

投稿: Karry | 2006/03/01 08:47

へぇ~カリーがスノボ大会で入賞したことがあるんだ。それほど腕があったんだぁ
見たかったな~
私ねスノボという素晴らしいスポーツにハマっちゃったのだ!!今は大きなターンが好きになりそう。
私、スケボーとスノボは似ているものだと勘違いしたんです。やっぱり、やってみないと分からないんですね。
いつかはハーフパイプに挑戦するぞ!!
そのためには夏にウェイクボードをやろうかなと思っている。
やっぱり、私にはスピードもそうだけど、技のほうが合っているかも。
ボディボードだっていくつかの技を磨いていたから、スノボもそうなりたい。
誠に今頃にハマったのかい?と言われたけど、年齢なんか関係ないさ!!ふふん。
息子もスキーの楽しさを味わり、また行きたいと言ってるから、来月に1回だけ行こうかなと思っている。わーい、スノボがやれるぅ楽しみ!!
私がスノボを楽しむのってストレス発散になるのかな?うーん。達成感を味わうと自信につながるような気がする。
スノボでも立派なスポーツですよね。うん。

投稿: たえでちゅ | 2006/02/21 20:19

今井メロちゃん
アタシも応援してました♪
スノーボードは数えるくらいしかしたことがないので、
ルール等よく理解していないのですが、
彼女の勝気な所が好きなんです。

素敵な出会いがあったんですね
そうなんだぁ~
これからの活躍がますます楽しみですよね♪
(人´∀`).☆.。.:*・゚

投稿: =_l ズ ヱ | 2006/02/15 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100750/8657486

この記事へのトラックバック一覧です: 今井メロよ、試練を糧に!:

» 輝けないトリノ報道 [Tv _Catch_Up 【テレビをつかみ取り】]
メダル候補に起きたアクシデント 世界記録を所持する‘加藤条治’選手 試合直前に転倒者が出て10分の遅延となってしまう。 井上純一氏は「集中力を欠いたのでは」と考えている。 メダルの期待があっただけに非常に残念。 世界で6位、日本で2位の結果となった。 加藤..... [続きを読む]

受信: 2006/02/14 18:19

« 博士の愛した数式 | トップページ | 偶然の再会 »