« 石川とわたし | トップページ | 秋!秋!秋! »

黒人公民権の母よ、永遠に

24日アメリカの黒人公民権の母・ローザパークス女史が永眠
された。
老衰による逝去だったそうである。

私が黒人公民権運動について詳しく知ったのは、映画
『ロング・ウォーク・ホーム』であった。
そして、私の母校である創価大学で、女史の功績があげられ、
彼女について学ぶ機会に触れた。

黒人差別がまかりとおっていた時代、アメリカでは、生活上、全ての
ものが黒人用、白人用と隔てられていた。
1955年12月、モンゴメリーのバス車中でその出来事は起こった。
仕事帰りの彼女は仕事の疲れもあり、空いている席に腰掛けて
いた。
その頃は、白人に席を譲らなければならないという法律があり、
アフリカ系アメリカ人の彼女も当然、席を譲らなければならない立場
であった。
しかし、彼女は仕事の疲れや日々の不当な人種差別に疲れ果てて
いたため、席を譲ることに「NO」と発した。
勇気ある、静かなるこの叫びが、仲間達の「しかたがない」という
あきらめの闇を打ち破る夜明けとなった。
仲間達の共感が、バスボイコット運動に広がり、マーチン・ルーサー・
キング牧師を中心に公民権解放運動に展開した。

女史の勇気ある一言が波紋を呼び、ついに、合衆国最高裁判所で
人種隔離は憲法違反と歴史的な判決が下った。
こうしてアメリカの歴史に貴重な一ページが刻み込まれていった。
たった一人の婦人がアメリカ全土を動かしたのだ。

自分を大切にし、人を大切にする。
そこに、「人権」の出発があるのではないだろうか。
反対に、自分を高めようとせず、人を貶めようとする傲慢から、
差別は生まれる。
傲慢は“自信のなさ”の表れでもある。
彼女は絶対に「差別の心」を植えつけてはならないと未来を生きる
子どもたちの育成にも力を入れていた。
彼女の信念からまた多くのことを教えられた。

毅然と信念を貫き、権力への魔性に悠然と立ち向い、わが道を
全うした彼女。
彼女の素晴らしい人生に敬服し、冥福を祈りつつ、合掌・・・

|

« 石川とわたし | トップページ | 秋!秋!秋! »

「★つぶやき」カテゴリの記事

コメント

0093さん、コメントをありがとうございます。
世界は彼女から多くのことを教えられ、また後世に残していきますね。どう、伝えていくのかは、生きている私たちに課せられたことだと思います。

投稿: Karry | 2005/11/04 00:23

トラックバックどうもありがとうございます。
本当に惜しい方を亡くしました。
一つの時代が終わったのだと、つくづく感じますね。
しかし世界中にはまだ根強く差別が残っているわけで、彼女の意志の灯火を消さないことが、我々残された者にとって重要なのだと思います。
彼女の勇敢さに敬意を表すと共に、ご冥福をお祈りします。

投稿: 0093 | 2005/11/01 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100750/6790860

この記事へのトラックバック一覧です: 黒人公民権の母よ、永遠に:

« 石川とわたし | トップページ | 秋!秋!秋! »