« 愛知万博 | トップページ | 絵本のプレゼント »

アンコール遺跡群

IMG_0042

石造りの建物・アンコール遺跡群についた
途端、 その石造物に、即座に惹きつけら
れた。これらは単なる石の彫刻ではない。
生命をも宿し、数世紀にも渡って私たち
人間を眺めている。そう感じ取れるものであった。

アンコール遺跡群の中には、今にも崩れ落ちそうなタ・プロームと
いうものもあったり、天井から壁下まで緻密に彫刻され、とても
幻想的なものなどあった。
アンコール遺跡群は9-12世紀のクメール文明の遺物だが、
1000年だった今でも、こうして、私たちはこのアンコールワットに
触れ、たたずむことができる。
はるか昔、アンコールワットを造ったというクメール文明の王様は、
ここで何を感じ、夕焼けをみ、何を考えていたのだろうか。
この場所にいると、数千年前に立ち返ったような錯覚に陥いる。
そしてまた、自分という存在が宇宙からしてみれば、波のごとく
小さな生命にすぎない、私が抱えている悩みは、プランクトンの
ようだとも思えた。
宇宙に溶け込むかのように、アンコールワットの塔でしばしその
空間を味わった。
生い茂っている森をみながら、自分の存在が小さく感じ、人間
みんな同じ仲間であり、争うことなど一つもないのだと感じた。
壮大な宇宙観を感じた。IMG_0113 

翌日は、サンライズを見ようと、早朝
アンコールワットへ赴いたが、雲が
空を覆って、どんよりしたままだった。
雨期だから、朝焼けも夕焼けも運次第。
あー残念・・・朝日を拝みたかった。IMG_0202
でも、そのかわりに、
夕方は運良く夕焼けが見れた。
アンコールから覗く夕焼けは格別だった。
オレンジの空に、感動ひとしお!!  

日程の都合上、あわただしく回ったので、まだまだ見足りなく、
後ろ髪を引かれる思いだったが、必ずまた来ると誓い、
その場に別れを告げた。
今度は1週間アンコール遺跡群でのんびりしたい。
see you again ! また行くからな!

次はアンコール遺跡群で出会ったろう児を書こう。

|

« 愛知万博 | トップページ | 絵本のプレゼント »

「★旅人の足跡」カテゴリの記事

コメント

maiも見たんだ?うちも見たよ。
上智大学は長い間、アンコール遺跡群の発掘にチカラを
入れているそうだ。おかげで、文明の偉大さが発見できて
いる。
maiもアンコールワットに圧倒されるぞお!うん!

投稿: Karry | 2005/09/24 22:31

さっき、『世界不思議発見!』の番組で、アンコールワットを見てました!むしょうに、すっごく行きたくなりましたー!!
いつか絶対に行きます!!!!

投稿: mai | 2005/09/24 22:00

人面塔?表現が面白いのう!昔人面魚とか人面犬とか
はやっていたんだよね。笑
人面塔はアンコールトムといって、バイヨンがそれぞれ違っていたんだよ。壮大なスケールにまさに鳥肌モン!!

投稿: Karry | 2005/09/24 21:03

うわぁそれは人面塔じゃん!!言い方が変でゴメンね。
マジ鳥肌が立ったよ!魂が入っているみたいや!
ビックリした。

投稿: たえでちゅ | 2005/09/23 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100750/6070696

この記事へのトラックバック一覧です: アンコール遺跡群:

« 愛知万博 | トップページ | 絵本のプレゼント »