« ついに両親も | トップページ | 親友を偲ぶ »

Deaf リーダー合宿

8/31から9/2までの三日間、全日本ろう学生懇談会関東支部
主催のDeaf リーダー合宿に講師として参加してきた。

学生一人ひとりが輝いていて、日本の未来は明るいと感じた
合宿だった。
学問とは、出来上がった知識や技術を覚えることだけではなく、
むしろ、それを通じて、自分で考える力を訓練することに目的が
ある。

私の師匠はいう。

「大学で培うべき教養とは、わが身を飾るものでも権威でもない。
精神的自己形成そのものであり、また、その自己形成から
にじみ出る見識、人間性、文化性、そしてライフスタイルの
総体をいうものであります。」と。

「大学は何のために学ぶのか」

そのテーマのもと、彼らは真剣に討論しあい、色々な意見を
出し合った。

彼らのその発言や表情を見ながら、私は学生たちに期待を
持つことができ、
若芽をもっと伸ばしたいと強く思えた。

今回の合宿は、思索力を深めるいい機会となったと思う。

自己の独断や思い込みにとらわれないこと、
出来うる限り広い観点から物事をみること、
さまざまなアイデアを創造的な発想に切り替えて実行に移る、

これらの力を彼らは3日間という短い期間の中でも

深めることができたのではないだろうか。

彼らの若いエネルギーは、本当に素晴らしいものだった。

学生たちと一緒にいたおかげで、私も沢山のことを教えられた。

あらためて、ありがとう。

また、初めての試みとして行った今回の企画も、実行委員たちの
頑張りと発想力があったからこそ、
大成功に至ったと思う。

実行委員のみんな、お疲れ様!

最後に、参加者から温かいメッセージを頂いた。
私の宝物がひとつ増えました!
素晴らしく、有意義な時間をありがとう。

|

« ついに両親も | トップページ | 親友を偲ぶ »

「★つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たえでちゅ、カキコありがとう。
子供と一緒に大学に入るってすごいこと言うじゃん?
学ぶことは、一生涯続くことだし、年齢なんか関係ないよ。
たえの発想、私は好きだなあ!

投稿: Karry | 2005/09/07 22:31

本当にお疲れ様でした。
いい話聞けたな~
私も学生に戻って参加してみたいですね。私は大学に行かなかったから、社会に貢献しようとする気持ちがなかったんだぁ。
そうなのかな~うーん・・・
勉学の大事さが分かった今、大学に行きたくなったのだ。
こうなったら、自分の子供と一緒に大学に行くのも悪くないね。笑
若作りができるぅ!!アホだねぇ。

投稿: たえでちゅ | 2005/09/06 21:29

maiさん、本当にお疲れ様でした。大成功でよかったね!
おー頼もしい言葉や!maiさんをはじめ、参加した学生たちの今後の活躍を期待しているよ。

投稿: Karry | 2005/09/04 16:15

お陰さまで、無事Deafリーダー合宿を終えることができ、ホッとしています。
リーダーとはなにか、自分にとって今必要なものは何かに気付くことができ、とても価値ある三日間になったと思います。
一人ひとりが主体者となって、行動し、社会に貢献しようとする人材が一人でも輩出できたらよいなと思うし、自分もその一人になるために、これからもまた一層自分を鍛えて行きたいと思います。本当にありがとうございました。

投稿: mai | 2005/09/04 01:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100750/5759866

この記事へのトラックバック一覧です: Deaf リーダー合宿:

« ついに両親も | トップページ | 親友を偲ぶ »