« 学びの夏 | トップページ | わが故郷・北海道 »

わが恩師

学生時代にお世話になった恩師と一年ぶりに再会した。
恩師の顔を見るやいなや懐かしさと安堵感を覚えた。

私が学生だったころから、その恩師は常に手話の必要性を
生徒にも、
他の教師にも訴えていた。
若さと正義にあふれていたが、年頃のわたしたちはいつも
恩師に逆らってきた。

それでもなお、私たち学生に常に耳を傾けようとしてくれていた。

メキシカン料理を食べながら・・・色々と話に花が咲いた。
私も教育に関わっていたことから、共通の話題にのぼり、
お互いの
考えを語り合った。
わからないことはお互い質問し合い、答え合い、不思議なことに、
教え子と恩師の垣根はこえていた。

充実した時間だった。

「人格の種」を植え付けた分だけ、学生は伸びる。

この言葉こそ、まさに私の恩師、そのもの姿だ。
私がここまで、成長できたのも、恩師のおかげでもある。
恩師から人格の種をもらい、沢山の水、栄養をもらい、色々と
示唆を
与えてもらい、人格を育ててもらった。

聴者とかろう者とか関係なく、教師というのは人格で決まる。
こども一人一人のそれぞれの個性をそのまま受け止めてくれる、
そういった教師こそ真の教師像である。
今、この時代において、そういった教師こそ必要とされている
のである。

恩師と別れた後、私は感じた。
教え子の成長が恩師に応えることにつながる。
私の恩師のように、教え子の成長と幸福をいつまでも願い、
心に抱いていける、そういう自分になっていきたい。

この場を借りて・・・
先生、本当にありがとう!
そして、これからもよろしくお願いします。

|

« 学びの夏 | トップページ | わが故郷・北海道 »

「★つぶやき」カテゴリの記事

コメント

石川秋雄さんコメントを書いてくれてありがとう。
うん、そうだよね。恩師あっての私。
恩師には感謝しているんだ。
温厚そうな石川さんも、かつては反発していたんですね。
反発した分、人の心がわかると思う。
今度、また聞かせてください。

投稿: Karry | 2005/08/31 21:46

今晩わ!
やっとコメントを送れま~す。
カリーは恩師と本音同士で語せるのが凄い。
そして羨ましいと思うな~。
手話の文化を理解してる健聴者はどこか違うんだね。
客観的に観ては変ってると思われるが我らからは(聾者)尊敬しますね。
カリ-の恩師は菩薩心を持ってるんだー。
その出会いが今のカリ-があるんだ。

俺も学生頃は屁理屈で生意気と云われ、よく先生達に反発してたから(教育面)親を困らせていたのが懐かしい。
どういう風に反発したかはその内書き込みますから首を永く待って下さいね。
俺の恩師の事も・・・。

カリ-の活躍を応援してるから頑張ってちょー!

投稿: 石川秋雄 | 2005/08/27 23:39

upopo:カキコありがとう。
そうだね。今も信頼が厚いことは、まさに恩師の人間性が物語っていると思う。うちはひねくれ者(笑)だったから、よく反発していたんだよな。恩師は大変な思いをしたと思うな。笑
upopoも偉大なる母となり、これからのupopoが楽しみです。
またいろいろと教えてくださいね。

こま:カキコありがとう。
「対話の積み重ね」は本当に大切なことだと思う。
対話は本当にささいなことだろうけど、積み重ねによって、自分の見聞を広げることもできるし、相手もそうなる。それによって人格を磨いていく。こまの考えに同感できるよ。
私の方こそも色々と、教えてくださいね。

投稿: Karry | 2005/08/18 13:30

「人格」ってほんとに大切だと子育てを通じて実感するよ。世界にはいろんな文化がある。ろう文化もある。いろんな文化と分け隔てなく交流できるのが「人格」者だとおもう。コミ方法はどんな方法でもいい。向かい合って対話して交流して、相手を知り、受け止める。そこから新しい知恵が出て、自分の世界を広げ深められる。「人格」は「対話の積み重ね」と関係あると勝手に思ってます。思い込み、我見はよくない。いろいろな人とかかわりながら、成長させてもらってます。カリーのブログもそのひとつ。そんな見方もあるんだと勇気をもらってる。末永くこのブログを続けてね。いつも楽しみに読んでいます。

投稿: こま | 2005/08/14 22:37

カリーへ♪

コメント投稿遅くなってゴメンなさい。
今回のブログを読んでどの先生なのか、すぐわかったよ~。
私もその恩師にはスゴク感謝している。学生の時もよき相談相手だったし、憧れの存在でもあった。
また、里帰りで母校の運動会のときにろう者の親と話す機会があってちょっとだけ話をしたんだけどその時もその恩師がろう者の親のために色々と協力をしてくれたりしてろう者の親からも信頼が厚いと言ってた。
昔も今も相変わらず教師としての姿を全うしてるんだなと思ったよ。

投稿: upopo | 2005/08/14 22:25

とりお:カキコ、ありがとう。
人格が一番大事だねとつくづく感じている。
カリーを成長させてくれる全ての方に感謝している。
とりおもその一人だよ。ありがとう!
共々に前へ進んで行こうね。

たまき:カキコ、ありがとう。
実際に歩くのは、地面を見ながら歩く癖があるんだけど、気持ちは青空を見ているかのようだね。
たまきも回りにいろんな影響を与えているよ!
手話を広めたいというよりも、当たり前の環境を作りたかっただけ。
たまき風って、どんなのかな?想像しただけで面白そう!


投稿: Karry | 2005/08/11 02:09

空を上を見て歩いてるんだね^^
私は下を見て歩いてるような気がする(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
カリーはどこまでもカリーらしいだね^^
昔、カリーと話したことを今思い出したけど、カリーは耳が聞こえない子供に手話を広めたい!って話したよね。。。それの言葉は忘れない。ほんとに叶えたね。。。将来?(笑)もし私の子供も耳が聞こえなかったら、私もたまき風手話教えてあげたいと思ってる(笑)まぁ、健聴者子供生まれても、絶対声を出さない(爆笑) 

投稿: たまき | 2005/08/10 22:12

カリーと出会った子供たちも、いつかそうやって感謝してくれる日が必ず来るよ。
人格か~。
カリーのブログは、いつも自分を見つめなおす機会を与えてくれる言葉が多いね。
Thank You!!

投稿: とりお | 2005/08/10 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100750/5374144

この記事へのトラックバック一覧です: わが恩師:

« 学びの夏 | トップページ | わが故郷・北海道 »