« 夏休みの読書 | トップページ | インドの詩聖・タゴール »

映画好きな読書人

映画といってもその内容はさまざま。

ヒューマンドラマ、SF、サスペンス、恋愛、ホラー etc…

私の場合、その日の気分に合わせて見るものが違ってくる。

刺激がほしい時は、SFものを見る。

何か思考を深めたい時は、ヒューマンドラマやドキュメンタリーを
見て、
ヒントをもらう。

また、映画を見るときは、ストーリー性や出ている俳優の演技力
にも
注目する。

これは、読書人の私としてのこだわりなのかもしれない。

というのも、映画は、作り上げた映像で視覚に訴えかけてくる。

そのため、目で捉えたものがそのままインパクトとして残っていく。

だから、私はその視覚要素以外のストーリー性や演技力という
ものに
重きを置くのだ。

もちろん、映像技術が映画の魅力でもある。

私も実際、映画を見て感動し、映像から刺激を受ける。

ただ、例えば、ある映画を見た後、その原作となる本を読むとする。

本の中に、現れてくる登場人物の風貌などは、多くの人が、
映画で出演していた俳優を想像するだろう。

もし、本だけを読み、映画を見ていなければ、登場人物等、

自分の想像で作り出した独自のものが浮かび、他の人と
同一のものは想像できない。

本の場合は、特定のストーリーに自分の想像力で、独自の

アレンジが加わっていく。

ここに映画と本との大きな違いがみられる。

私にとって本の存在は、やはり想像力を強化させる意味でも

欠かせないものなのである。

と、ここで一点!

今回、私は、映画批判をしているのではなく、

読書好き人間として本をどれだけ愛しているかということを
書きたかっただけである。

映画好きのみなさん、どうぞ誤解しないでね!

映画は芸術の一つとして、大切な文化だし、

私も映画は大好き!

でも、やっぱり・・・本が一番好き!

|

« 夏休みの読書 | トップページ | インドの詩聖・タゴール »

「★つぶやき」カテゴリの記事

コメント

tommy:はいさい。
そうだよね。映画も読書も芸術文化の一つだね。
先に原作本を読み、私なりにイメージがあり、映画を見るとき、自分の中にあるイメージが違っていたり、あてはまっていたり。ハリーポッターのそのひとつ。
もし、それが映画化にするとどんな映画になるのだろうと予想してみたりすることも楽しみの一つかも。笑
最近の映像技術はどんどん発展しているのね。すごい!

しんず:一番好きな作品って何だろう・・・
「心の湯」「ほたる」かな・・・しんずは何かな?
最近の映画でおすすめもんあるのかな?

たえ:うんうん、わかる。
私も俳優にこだわって映画を見ていたけど、だんだん、変わってきているんだよね。
でも、監督にこだわって見ることもあるんだ。
中国のチャン・イーモー監督。
監督作の映画は必ず見に行くんだ。監督の考えや映像技術もどのように変わっていくのかも興味があるんだ。
ナナは読んだことが無いから、今度読んでみようっと。

投稿: Karry | 2005/08/08 11:48

映画は言われればそうかもしれないね。
以前では、タイトルよりも有名なイケメン男優や美人女優
の出てくる映画がいいと思った。
しかし、成長により、タイトルやストーリーに興味のある
映画を選ぶようになったわ。
やっぱ、映画は現実よりも夢っていうか、
あり得ないようなことが多いですね。
監督は現実にできないことだからこそ映画を作るのだろう・・・
皆に夢を見させてあげているのかな~
今度の秋にナナというマンガ本が映画化になって
公開する予定で、絶対に見に行くぞ!!
ギターの蓮(れん)くんは誰になるのだろう・・・
セックスピストルズのシドにそっくりでないとアカンだからね。笑
楽しみだわ。ルンルン


投稿: たえでちゅ | 2005/08/05 20:13

ハ-イ!うちも映画大好きでっせ。
映画嫌い人間は聞きませんよね、当たり前だよね(^^;
うちも気分によって、色んなジャンルから選んで観てます。
でも、ラブドラマはスト-リ-によって、まちまちです。
宇宙が好きなので、やはりSFが好きなの。
一番好きな作品は何ですか?

投稿: しんず | 2005/08/05 11:32

はいさい。
ワシも映画好きな一人です。

映画を見るうえで重要なものは「ストーリー」だと思って
います。大物有名人が出てるとかじゃなくて、映画の予告
編で、どういったストーリーか、結末はどのような内容に
なるんだろうかと想像しながら楽しみにしています。

好きなジャンルは「ヒューマン」です。
映画と分かっていても、感動させられるのが好きです。

最近は映画を見に行く時間が無いけど、落ち着いた後には
見に行くようにしたいと思ってます。

原作の本を読むということで、背景や人物などが見えてく
るのはいいことですよね。
ただ、映画化となると脚本作成が重要になってくるので、
原作どおりにっても無理な面もあるはずなので、省略され
たり、脚色したりというのもありますね。

原本だけ読むのか、映画だけ見るのか、両方とも見るのか
迷うところもありますが。汗

読書と映画も芸術文化の一つだし、想像力を高めることは
欠かせないものですね~。

投稿: tommy | 2005/08/05 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100750/5318978

この記事へのトラックバック一覧です: 映画好きな読書人:

« 夏休みの読書 | トップページ | インドの詩聖・タゴール »