« 通信手段 | トップページ | もったいない精神 »

私もおばさんになる

先日、弟から、生まれたばかりの甥の写真とともに親ばかな
コメント付きで写メールが届いた。
甥の写真をながめながら、
「まゆ・目は弟、鼻・口は嫁はんだね。」と分析している私。

私は4人兄弟の長女である。
下には、親ばかになった(笑)弟、大学生の弟、高校生の妹がいる。

一番上の弟は去年の三月に結婚した。
私からしてみれば、愚弟だけど、大切な弟。

しかし、彼は私が耳が聞こえないことを今までずっと恥じていた。
その弟が、愛知へ就職してからは、顔を合わせることもぐっと減り、
お互い連絡を取らなくなっていた。

そんな中、一昨年の秋、突然弟からメールが届いた。
「ねえちゃん、俺、結婚することとなったんや。姉さん女房や。
式をやるから、ねえちゃん、来てや」と。
弟も愛する人ができ、家庭を築いていくんだなと思うと、
大きな喜びが。
色々やりとりをしているうちに、
「ねえちゃん、式の時の手話通訳はどうやって頼めばいいの?」
弟からのその一言に驚いた。
まさか弟からそんな言葉を聞けるとは。
今思えば、私は小さい頃から寄宿舎に入り、家族とは
離れて暮らしていたため、「ろう者の姉」に対してどう接して
いいのか、弟なりに悩んでいたのだろう。
お互い、何とか分かり合いたいと長い間抱いていた気持ち。
弟からもらった結婚報告を機に、私たちの距離は縮まったように
思う。

私「うん、通訳は必要だから、私の方でやるよ。突然どうしたん?」
弟「ばかだなあ、ねえちゃん。俺も成長しとるよ。ねえちゃんの
  頑張りを聞いているし、本も読んだよ。
  通訳者の謝礼や交通費も必要だと思うし、それは俺がもつから
  安心して。」
私「ありがとう。」 

弟の言葉が、本当に嬉しかった。

結婚式当日には、突然のスピーチ依頼・・・。前もって頼めよ!
と言いたかったけど、それが弟なんだよね。
姉として、心から祝福の言葉を贈った。

最後に弟から
「ぼくにとって一人一人が大切な家族です。」という言葉をもらい、
家族みんな涙が止まらなかった。
この日、改めて家族の絆を感じた。
兄弟っていいもんだな。家族っていいもんだな。

そんな弟がパパになった。
一段と成長したであろう弟、そして生まれたばかりの甥に会いに
行こう。

|

« 通信手段 | トップページ | もったいない精神 »

「★つぶやき」カテゴリの記事

コメント

SHI-MA:カキコの返事を見落としていました。(汗・・・)
離れてみて、親に反発していた分、母親の偉大さがわかってくるんだよね・・
あふれんばかりの愛情をかみしめたSHI-MAは幸せモンだよ。
親に感謝しなくちゃ~ね(*^_^*)

たまき:カキコしてくれて、ありがとう
やはり、家族っていいもんだよね。ウルウル・・・
これからもどんどん、カキコしてねえ。
楽しみにしているよん\(^・^*)/

投稿: Karry | 2005/08/09 01:29

かりー
この日記見ました(笑)
今、私は仕事中だったけど、こっそり日記読んで、涙が出たの(汗)
上司ばれないように、気をつけてます(笑)
でも、私のお兄さんもそうだったよ。やっぱり自分の家族で生まれてよかっただな・・・って思う日々もあるでしょうね。
かりーの気持ちわかるわ。
これから書き込みしますのでよろしくねん^^

投稿: たまき | 2005/08/05 11:35

じっとしました。ファミコン好きで照れ屋だった弟くんがいい大人になって・・。おめでとう。一度顔見たかった。弟くんはまだ幼かったから覚えていないかもしれないけど。

家で読めばよかったんだけど会社で読んでしまい、涙が溢れそうで思わずWCに入ってしまいました。苦笑
うちは一人っ子なんだけど、兄弟の持つ知り合いが沢山いるので気持ちは分かります。兄弟姉妹っていいね。

でも、兄弟姉妹だけじゃない。母子もだってそうだよね。
昔はよく両親と大喧嘩してました。(今でもかな?)

私は要らない子なんだ。初めから生まれてこなければ良かったって
何度も思っていました。卒業後上京する決心をつけた時、やっと両親と離れるんだと半分嬉しさで。。

空港に着くまで笑わない両親。空港の出発口に入る前にふと、両親の方へ振り向いたら、母の涙が・・。
「頑張っていってらっしゃい。辛かったらいつでも帰っておいで。」と手を振ってくれた。口は強くかみ締めていたのでこらえていると分かっていた。

うちも意地を張って「ああ。」と一言言ってさっさと行ってしまった。母の顔を浮かぶと思わず飛行機の中で泣いてしまいました。
やっぱり、母だな。って・・。

思い出すと又泣くのでこれで終わりにしよう。
母と喧嘩するのは嫌なんだけど、お陰で自立出来たしお互いの気持ちも少しずつ分かり合っているのですごく感謝してます。
うちの尊敬する人はやっぱり母!!将来かかあ天下になる。笑

投稿: SHI-MA | 2005/07/22 10:59

KAZU:やっほー!KAZUだあ!カキコしてくれてありがとう。言われてみれば、そうだよなあ。兄弟がいなければおじさん、おばさんと呼ばれることないんだよね。
親バカになっちゃっているKAZUも見てみたいです。赤ちゃんは天使ですね。親から沢山愛情をもらった分、今度はわが息子にありったけの愛情を与えてね~。親子愛は連鎖するんだよね。
デンマークのほのぼのとした話、ジーンときました。またいい話があれば紹介してください。

M&Mママ:思慮深いM&Mママを私は尊敬しています。
息子が聴として、娘がろうとしてM&Mママを選んで生まれてきたことは必ず、意味があるんだよね。娘が生まれて、価値観が変わったのなら、本当に娘さんは素晴らしいですね。一個の人間として生涯、親に発信し続けると思う。小さなメッセージでも耳を(手話だから目かな?)傾けて、お互いが歩み寄れる親子でいてね。こちらもよろしく!

投稿: Karry | 2005/07/18 12:34

この文を読んで、未来のわが息子、娘を想像した。現在5才の聴の息子、3才のろうの娘、20年後どうなっているのか。karryの家族みたいにお互いを思いやれる素敵な家族になっているだろうか。実はとても楽しみ。そんなふうに思えるのは、karryやそのほかのろうの皆さんのおかげだと思う。娘がろう児として生まれ、母親である私の考え方は180度変わった。人にとっての本当の幸せとは何か探せ探せと娘は私を突き動かす。そして家族一人一人に本当の意味での幸せを与えてる。娘もkarryと同じで、聴の大家族を選んでたったひとりろう児として生まれてきた。しかもろう児がひとりもいない小さな田舎の町に。その上ずぼらでなまけものの母親を選んで。タフな娘だとつくづく思う。そんな私たちをこれからもよろしく!

投稿: M&Mママ | 2005/07/17 16:24

こんちは!
ようやくブログ読ませていただきました~。
遅ればせながら開設おめでとう!

KARRYも「おばさん」になったんだね。
ある意味うらやましいです。
私は兄弟いないから血縁関係では「おじさん」の立場になることがない。。
他人から「おっさん」と呼ばれることはあるだろうけど(汗)

自分とこもそうだけど赤ちゃんってホント可愛いもんですよ。クリクリした目、ぎこちない動きの手指。。
ああ親バカになりそう(ていうかもうすでになってる笑)

KARRY、素晴らしい家族がいてよかったね。
学生の頃は私も親に対してあまり感謝の気持ちもなかったけど、大人になり年齢を重ねるたびにひしひしと親のありがたみを感じるようになってきてます。今の私がいるのは親から沢山の愛をもらったからなんだと。。
まさしくかけがえのない家族です。お互い大事にしてゆきましょう。

たまたま見つけたページです。
感動する話なのでまた読んでみて下さい。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Christie/6255/
これで「デンマーク」をまた見直しました~。

投稿: KAZU | 2005/07/15 17:55

みなさん、沢山、カキコしてくれてありがとう!(TT)ウルウル・・・

ケーコ:ありがとう!!うん、やっぱり、家族はいいよ~!うん、あの弟でしょ!一緒に喜んでくれて嬉しいっす。

TAKAKO:初カキコですね。ありがとう!家族は私の誇りです!

DEAFドラえもんまま:カキコしてくれありがとう。心は必ず通じる。振る舞いこそが大事なんだよね。それぞれ環境は違うけど、お互いに頑張っていこうね。

タエでちゅ:うん、ありがとう。我ながら自慢の弟です!しかし、突然依頼ということは、血は争えないなあ。私も突然決行型ですの・・・似たもの同士ですね(笑)

Lisaママ:遊びにきてくれてありがとう!弟はすごい照れ屋で、どう接すればいいのかわからなかったと思う。一緒に喜んでくれてありがとう!

さわまゆ:お!さわまゆだ!遊びに来てくれてありがとう。もち、覚えていますよ~。かりーなんだけど、いまだに「かーりー」と呼ぶ友人、何人かいるんだ(笑)
忘れているだろうなあと思ったら、弟は最低会話レベルの手話を覚えていたことに驚いたよ!さわまゆの妹さんも姉を誇りに思っているはずよ。うん、うん!離れてみて、家族のよさが見えてくるんだよね。

tomo:遊びに来てくれてありがとう!そうなんですか?まだ、子供服を見かけていないから、わからないなあ。おばさんとして服をじゃんじゃん、買って送ることは、弟、喜ぶのかなあ?

ぴのごん:カキコしてくれてありがとう。うちの弟の嫁はん、私より年上なんだけど、お義姉さんって言われているんだ。なんか変な気分・・・私からは名前でCさんと呼んでいます。うん、増えていくっていいもんだよね~。

とりお:カキコしてくれてありがとう。あの時は忙しい中、会ってくれてありがとうね。うん、感動の余韻が浸っているまま、とりおと久しぶりの再会に、パワーアップ!心地よく帰京できました。

マル★:やっほ!まるだ!ありがとね。うちって、白い歯キラッですか?石原裕次郎をイメージしちゃいます(笑)まるもおばさんになるね。おばさんってなかなか悪くないなあ!おばさん同盟組みちゃいましょう!

投稿: Karry | 2005/07/15 17:43

かりー!!おめでとう!(^^)!
かりーの、白い歯キラッ☆の、満面の笑顔が思い浮かぶよ。

偶然にも?!私も来年おばさんになる予定です(*^_^*)
私の妹のお腹に、新しい命。
今からもう、子どもの名前は何て命名するんだろう?とか
どんな服をあげようかな~☆☆と、ニタニタ妄想しまくり!笑


投稿: マル★ | 2005/07/15 12:32

ちょうど、結婚式が終わって、帰る時に名古屋駅で久しぶりに会ったよね。
弟さんは聴者って聞いていたけど、こういう経緯があったんだ~

本当におめでとう!!

投稿: とりおfrom名古屋 | 2005/07/15 12:01

私も読んでウルウルきました!
兄弟、家族って改めていいな、と思ったよ。
うちは兄と弟がいますが、二人とも結婚したら兄弟が増えたって感じで、義姉さんと義妹さんも手話を覚えてくれて、仲良しです。兄弟や家族が新しく増えるのもまたいいものですね。

投稿: ぴのごん | 2005/07/15 10:29

ブログ開設おめでとう。
楽しく読ませてもらってます。ありがとう。
本当にいい弟さんだね。
甥誕生おめでとう!
カリーもこれから街で子ども服を見かけたら無意識に
目が行くようになってしまうんですよ~笑
「甥に似合うかな?」ってね...

投稿: tomo | 2005/07/15 01:34

初めまして!こんにちは。多分、、何度か顔合わせているので、見ればわかると思うのですが~^^
カリーさんをずっとカーリーさんと思ってたとです。うぽぽに指摘されて気づきました~。
ブログ開設されたんですね!楽しみにしています。
カリーさんの手話がすごい魅力的だからデフファミリーだと思っていたのに、私と同じだと知ってビックリしました!
弟さん、大人になったんですね^^
うちの妹も、大人になりました~。聞こえないことを馬鹿にしていたのに、今は、「ありがとう」の手話を使ってくれます。
家族って、離れて暮らすと良さがよく分かりませんか?近すぎるから見えないってこともあるのだろうなぁと思いました♪

投稿: さわまゆ | 2005/07/14 23:34

おめでとう。弟の話を聞くと昔の事を思い出してしまいました。私が幼かった頃、たまに学校帰りに弟さんが自転車して会ったことがあったのね。その時、顔を合わせたから挨拶しなくちゃと思って、私から、挨拶しようとしたら知らん顔。。後になって照れ屋だったと。
そんな弟さんがパパになったですね。一目でも見たいですね

投稿: Lisaママ | 2005/07/14 23:22

うわぁ泣ける話だね。
一番ビックリしたのは、カリーさんが小さい頃から寄宿舎に入っていたことです。
だから、精神的が強くなるんだね。納得です・・・

突然のスピーチ依頼は笑えたわ。

いい弟さんですね。
弟かぁいいなぁ
私も弟か兄が欲しかったわ。
きっとブラコンになるかも。笑

いい話聞けてよかったわ。

投稿: タエでちゅ | 2005/07/14 22:30

よかったね。感動した!
( ・_;)( ;_;)( ;_;)(>0<)ワーン

うちも最近やっと旦那の両親との距離が縮めてきた感じ。
でもまだまだです。

やっぱろうの普及はまだまだ足りないですよね?
お互い頑張りましょ!く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!

投稿: DEAFドラえもんママ | 2005/07/14 21:17

おめでとう。泣いてしまった。

投稿: TAKAKO | 2005/07/14 21:15

小さいときから、カリーの家族を知っている私は今、泣きながら打っている。
あんなに小さかった弟が姉であるカリーを思いやることのできる、立派な大人になってくれてとっても嬉しかった。
カリー、やっぱり家族はイイ!って叫んだんでしょ?笑

投稿: ケーコ | 2005/07/14 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100750/4965307

この記事へのトラックバック一覧です: 私もおばさんになる:

« 通信手段 | トップページ | もったいない精神 »